神戸フィルムオフィス

映画「BRAVE HEARTS 海猿」

7月13日に、『海猿』シリーズ最新作が劇場公開されます。大ヒットを記録した前作から2年。今回はジャンボジェット機の東京湾への海上着水事故に立ち向かう、海上保安官・仙崎大輔(伊藤英明さん)たちの勇姿が描かれます。
日本映画史上、最大スケールといわれる海洋スペクタクル映画の撮影は、昨年の秋、神戸を拠点に関西でも約1週間にわたって行われました。海上保安庁第五管区海上保安本部や、神戸市みなと総局の協力のもと、神戸空港や空港沖海上、そして空気が澄んだ日には神戸からも眺められる“大阪湾”の真ん中で繰り広げられた海洋ロケは、壮大なスケールで敢行されました。海では海保の巡視船をはじめとするたくさんの船がおり、空には数機のヘリコプターが舞い、それぞれが動きます。すべてのタイミングが合わなければいい画が撮れないため、出演者もスタッフも、大変な緊張感の中、夜明けの出港から日没までの時間を闘い、無事神戸港に帰港されるという頼もしいチームでした。
シリーズ初、関西ロケのあった作品です。劇場でそのスケールを体感してみて下さい。

“大阪湾”というシーンもあり

“大阪湾”というシーンもあり

海上保安庁5管本部が大協力

海上保安庁5管本部が大協力

いよいよ7月13日公開のシリーズ最新作 Ⓒ2012 F/R/P/T/S/A/FNS

いよいよ7月13日公開のシリーズ最新作 Ⓒ2012 F/R/P/T/S/A/FNS

★市内の公開劇場
・OSシネマズミント神戸
・シネモザイク
・109シネマズHAT神戸
7月13日(金)全国東宝系ロードショー

NHK BSプレミアムドラマ 高橋留美子劇場

 『うる星やつら』『めぞん一刻』などで知られる漫画家、高橋留美子さんの短編が、全2回のドラマになりました。
 舞台となる「さいわい町」は、監督方がいろんなまちを巡られた結果、「石畳のまちなみに、品の良さと生活感が混在する“岡本”しかない」と熱望された岡本商店街となりました。岡本商店街振興組合の心強いサポートを受けながら、天井川沿いの喫茶店「珈琲館」や、摂津本山駅すぐ西のJR高架下の道、中之町公園などに、4月下旬~5月上旬のうち7日にわたってロケ隊が出現しました。
他にも六甲アイランドウエストコート8番街の集合住宅や、御影の個人宅、県立神戸高校、ハーバーランドモザイクで、各場所のみなさんの大協力をいただきながら撮影されたドラマです。KFOS(神戸フィルムオフィスサポーター)もエキストラとして約100名がご参加下さいました。
くすっと笑えて、心あたたまる物語、ぜひご覧ください。

岡本「珈琲館」は「喫茶鳥の巣に」

岡本「珈琲館」は「喫茶鳥の巣に」

石畳が美しい岡本商店街で撮影

石畳が美しい岡本商店街で撮影

★放送予定
・NHKBSプレミアム
・第1章「赤い花束」
 7月8日(日)22時~
・第2章「運命の鳥」
 7月15日(日)22時~

神戸フィルムオフィス
神戸の魅力を、映像を通して世界中に知ってもらいたいと神戸市が2000年に設立。映画、ドラマ、テレビ番組、CM、スチール写真などのロケ地探しや、撮影許認可、さらに市民エキストラの紹介まで、神戸ロケに関する支援を行なっている。
☎078-303-2021
http://kobefilm.jp

ページのトップへ

目次 2012年7月号