フェリシモ 神戸学校5月

ゲスト:Candle JUNE(キャンドルジュン)さん(キャンドルアーティスト)タイトル:「ロウソクをともす理由」

神戸学校5月は、ゲストにCandle JUNEさんをお招きします。自分と向き合うために、ロウソクを作り始めるようになられたCandle JUNEさんは「どんなに大きな戦争でも、どんなに小さな事件でも、当事者たちの悲しみは変わらない」そう感じて、悲しみとともに生活している世界中の人たちのもとを旅し、その人たちと直接言葉を交わしながら「平和の火」をともす活動を続けておられます。「世界の戦争を終わらせる」と宣言し、これまでにめぐってきた土地は広島・長崎・北海道・沖縄・青森・新潟・福島・アメリカ・アフガニスタン・中国など。その旅を通じて、ほんとうに戦うべき存在は自分自身なのだということ、いまある問題を自分のこととして向き合うことこそが大切だとCandle JUNEさんは伝え続けています。
神戸学校では、Candle JUNEさんの旅のお話とともに、ロウソクをともしつづける理由についてお聞かせいただきます。
ひとりひとりの心の内なる平和とともに、世界の平和を願い、そのために行動を起こす力をみなさまと得る神戸学校にしたいと思います。みなさま、ぜひ足をお運びください。

■日時:2012年5月26日 13時30分~16時(開場13:00)
■場所:神戸朝日ホール(神戸市中央区浪花町59番地)
■料金:一般:1,200円 学生:1,000円
■お申込先
 ・神戸学校webサイト: http://www.felissimo.co.jp/kobe/  
 *5月21日以降のお申し込みはお電話で
 ・電話:078-325-5727 ・FAX:078-325-5720
 お名前●ご住所●お電話・ファクシミリ番号●チケットお申し込み枚数●神戸学校5月参加希望とご記入のうえお申し込みを。(有料 一般¥1,200 学生¥1,000)

20120507401

Candle JUNE(キャンドルジュン)さんプロフィール

 <キャンドルアーティスト>
世界各地で火を灯す2001年に広島で「平和の火」を灯してから「Candle Odyssey」と称する争いのあった地を巡る旅を始める。アメリカを横断、N.Y.グランド・ゼロで火を灯し、その後アフガニスタンへ広島、長崎など国内を旅し、終戦記念日には中国チチハルにて火を灯す。新潟中越地震後は、“復興から更なる発展へ”と「SONG OF THE EARTHフェスティバル」を開催。
LOUIS VUITTON・PRADAなどのレセプションパーティのデコレーションや様々なファッションショー、Fuji Rock Festivalをはじめとする野外フェス、またBen Harper、Neil Young、忌野清志郎などのライ ブステージに空間演出で参加。また、3.11におこった東日本大震災をうけて「LOVE FOR NIPPON」を立ち上げて幅広く活動中。 http://www.lfn.jp/

神戸学校とは

フェリシモが主催する各分野のプロフェッショナルによるメッセージライブ。97年以来毎月1回開催しております。


ページのトップへ

目次 2012年5月号