気分は新鮮 新社会人・新入生に贈る言葉(2) 藤原崇起

創造性豊かな社会人に

藤原崇起 阪神電気鉄道株式会社 取締役社長

新たに社会人になられた皆さん、おめでとうございます。

希望に胸を膨らませている方、不安でいっぱいの方…さまざまだと思いますが、とにもかくにも、早く仕事を覚えてください。先人の知恵が詰まった仕事です。同じようにやれるまでになったとき、先人を越える可能性がグッと浮かんできます。
そのために、まずは、真似をしましょう。真似ができなければ、職場の先輩に聞いても良いのです。知恵の片鱗に触れることができるかもしれません。
真似ができれば、次に、なぜそうするのか考えましょう。なぜか、なぜかと一人で考えるのです。これには、想像すること、空想することが欠かせません。それが、仕事に対する意欲をかき立てるとともに、あなたを豊かにすることでしょう。
さらに、活字に親しんでください。想像や空想の世界が大きく膨らんできます。どのような書物でも構いません。端から端まで読まなくても構いません。どこかに気に掛かることが書かれて、それが、あなたの考える領域を拡げてくれるはずです。
最後に、考えたことをメモにしましょう。ペンを持った指先から、あなたの想像・空想したことが、今までとは違って、知恵となって湧き出してきます。
繰り返し想像し、空想することが、繰り返しペンを手に取ることが、あなたを創造性豊かな社会人にしてくれることでしょう。
すばらしい社会人となって、それぞれの職場で大いにご活躍されることを祈念しています。


ページのトップへ

目次 2012年4月号