耳よりKOBE 卒業生たちの技術創作展、今年も大盛況! エコールCP神戸国際調理製菓専門学校

3月3日、エコールCP神戸国際調理製菓専門学校は、今年度、卒業を迎える学生による「CPフェスタ2011-卒業料理・製菓技術創作展-」を開催。
1階のケーキ販売コーナーでは、パティシエやパティシエールの卵たちがつくった出来たてのケーキが低価格で購入できるとあって、午前10時のオープンと共に多数の一般客で賑わった。レジには長蛇の列ができ、あっという間に売り切れが続出。
2階では、パティシエ科の学生たちにより、2つの大作が披露された。バチカン市国のサンピエトロ大聖堂をパスティヤージュで再現。細かなパーツや人形を一つひとつ丁寧に作り、本物顔負けの傑作となった。もう一方のアジアをテーマにしたチョコレート細工は、ダイナミックな作品で、見る者を圧倒した。
卒業生たちが集大成として作製した作品展示フロアーでは、調理作品、製菓作品がずらりとならんだ。荒削りな感は否めなかったが、学生たちの情熱や独創性にとんだ作品が多く、今後の活躍を大いに期待させた。中には、全国レベルのコンテストでも入賞しそうなプロ顔負けの作品もあり、来場者からも熱い視線をあびていた。

20120407601

20120407602

学生たちによる実演に熱心に視線を送る来場者

学生たちによる実演に熱心に視線を送る来場者

創造力にあふれた作品の数々

創造力にあふれた作品の数々

プロ顔負けの作品は注目をあびた

プロ顔負けの作品は注目をあびた

優れた作品には賞が贈られた

優れた作品には賞が贈られた

ケーキの販売コーナーでは長蛇の列が

ケーキの販売コーナーでは長蛇の列が


ページのトップへ

目次 2012年4月号