ボートオーナーたちの愛艇が憩う

日本が世界に誇るマリーナ 《芦屋マリーナ》

海の青とヨットの白、
振り返ると六甲山の緑の山並み。
日本が世界が羨望する
海の暮らしが広がる…
芦屋川を南に下ると南芦屋浜。
その穏やかな入り江に位置する
「芦屋マリーナ」は、
最高級の設備とホテルのような
行き届いたサービスで
〝世界に誇れるマリーナ〟を
コンセプトに11年目を迎えた。 

 クルージングや釣り、セーリングへと出港する艇、係留した艇で楽しむ人たちなど、初夏から秋にかけてのマリーンシーズンには別世界のような時間が流れる。

 クルーザーが並ぶシングルバースにはそれぞれ専用の電気と水道を完備しており、愛艇で宿泊やパーティーを楽しむ光景を見かけることも。さらにコンクリート桟橋を設けており、国内唯一の電動カートで、オーナーはもとよりゲストのお出迎え、荷物運びをサポートしてくれるので、快適に過ごすことができる。また日本初を誇る専用桟橋を有し、セキュリティー完備の住宅エリア「レジデンシャルコーブ」も芦屋ならではの贅沢な空間だ。
 クラブハウス1階にある「Mar Rosso(マレロッソ)」は一般利用も可能な人気イタリアンレストラン。キラキラと輝く海や豪華クルーザーを眺めながら、本格的なイタリア料理をいただくと、まるで地中海でバカンスを楽しんでいるかのような感覚に。これも絶好のロケーションを誇る芦屋マリーナだから成せる業。事前に予約すればランチとクルーズとのセットプランを楽しむことも。芦屋マリーナには、憧れの非日常の世界が広がっている。

①クラブハウスからマリーナを眺める ②メニューは世界のシーフードをテーマにしている ③1階「MarRosso(マレロッソ」。  休日は朝9時から営業。 ④国内で唯一、電動カートでのバレーサービスを行う ⑤振り返ると六甲の緑の山並みが見える ⑥こだわり抜いた新鮮な野菜を素材に

①クラブハウスからマリーナを眺める
②メニューは世界のシーフードをテーマにしている
③1階「MarRosso(マレロッソ」。
 休日は朝9時から営業。
④国内で唯一、電動カートでのバレーサービスを行う
⑤振り返ると六甲の緑の山並みが見える
⑥こだわり抜いた新鮮な野菜を素材に

20150107401

芦屋マリーナ

芦屋市海洋町11-1
0797-35-6662
「Mar Rosso」
0797-34-7575
営業 9:00-21:30


ページのトップへ

目次 2015年1月号