噴水広場には約1万本のチューリップ

春真っ盛り 園内ではさまざまな花たちがお出迎え 神戸市立須磨離宮公園

梅の香りが春の訪れを告げる、神戸市立須磨離宮公園。梅園に咲く菜の花や、欧風整形式庭園の噴水の周囲に咲く、約1万本の真っ赤なチューリップ、サトザクラ、シダレザクラ、そしてボタンの花と、公園内では春を待ちわびたように、花々が一斉に咲き誇る。公園ではこの時期に合わせて「スプリングフェスティバル2012」を開催、夜間開園で噴水広場がライトアップとキャンドルアートに包まれるキャンドルナイトや、お子さんに大人気の「ミニトレインに乗ろう」などさまざまなイベントが企画されている。3月中旬には「子供の森 冒険コース」がリニューアルオープン。家族みんなが楽しく、一日を過ごすことができそうだ。
須磨離宮公園は、かつて皇室の別荘「武庫離宮」のあった地。この地は平安貴族・在原行平が月見を楽しんだ「月見の名所」として古くから有名であり、現在でも庭園のはるか彼方に須磨の海が見渡せる、絶景スポットとしても親しまれている。昨年は、屋根つき六角形のあずまや「傘亭」が、園内に復元された。これは武庫離宮時代に築造されたもので、神戸空襲で屋根部分が焼失したといわれ、柱だけが残っていたのだが、市民団体が復元活動を開始。由緒ある月見の名所にふさわしく、職人技が光る繊細な数寄屋造りの傘亭が完成した。
公園に隣接した植物園は、『華麗なる一族』のモデルともいわれる岡崎財閥の旧邸宅、庭園跡地に造られた。園内の温室では、恒例の「第52回春の洋らん展」が開催される。

スプリングフェスティバル 2012

3月20日(火祝)~5月6日(日)

子供の森で大冒険

 3/20(火祝)・24(土)・31(土)
 4/29(日祝)・5/6(日)

名探偵コナンバラエティーショー

 3/20(火祝)

ちびまる子ちゃん握手・撮影会

 3/24(土)

離宮で宝探し

 3/25(日)・5/5(土祝)

スタンプラリー

 4/1(日)

ミニトレインに乗ろう

 4/7(土)・8(日)

春の山野草展

 4/14(土)~5/6(日)

スプリングキャンドルナイト

 4/28(土)・29(日)※夜間21:00まで

新緑茶会

 4/30(月振休)

スプリングコンサート

 5/3(木祝)

春のグリーンアドベンチャー大会

 5/4(金祝)

梅園ではウメと菜の花とツバキが競演

梅園ではウメと菜の花とツバキが競演


「スプリングキャンドルナイト」4月28日・29日(夜間開園)

「スプリングキャンドルナイト」4月28日・29日(夜間開園)


復元された傘亭

復元された傘亭


みごとなボタンの花

みごとなボタンの花


20120302904
サトザクラ

サトザクラ


20120302905
シダレザクラ

シダレザクラ


20120303003
20120303002

第52回 春の洋らん展

3月19日(月)~3月25日(日)

植物園の温室で開催される恒例の洋らん展。コンクール出展作品約200点の展示や販売、3月24日(土)には洋らんの育て方講習会(要事前申し込み)が開催される。

20120303005
20120303004

帆をあげて、宝さがしのアドベンチャーへ出かけよう!!
「子供の森 冒険コース」がリニュ〜アル!

緑豊かな森林に、木製の遊具による楽しい28ポイントのアスレチックコースが造られている、須磨離宮公園「子供の森 冒険コース」が、3月20日(火祝)にリニューアルオープン。
木によじのぼったり、縄をつたったり、子どもたちが楽しく身体を動かし、自然と触れ合えるこのコーナー、約40~50分でクリアできるコースは、スティーブンソンの『宝島』を題材にした冒険の旅がテーマです。航海の途中では、大ダコと戦ったり、小舟で接岸したり、海賊につかまったり…わくわくしそうな冒険コースが待っています。

みんなで協力して宝箱を探そう!

みんなで協力して宝箱を探そう!


宝を探しに出発!

宝を探しに出発!


20120303101
20120303104
20120303105

神戸市立須磨離宮公園

TEL.078-732-6688
入園料/大人400円、小中学生200円

●開園/9:00~17:00
●休園/木曜日(祝日の場合は翌日)
●駐車場/300台収容
 (乗用車500円・二輪車100円)
●アクセス/電車・バス:
 山陽電車「月見山」駅下車、
 バラの小径徒歩約10分
 JR「須磨」駅下車、市バス約10分
 市営地下鉄「妙法寺」駅下車、
 市バス約12分
 自動車:第2神明「須磨インター」おりてすぐ、
 阪神高速「月見山インター」おりてすぐ
http://www.kobe-park.or.jp/rikyu/


ページのトップへ

目次 2012年3月号