田辺眞人のまっこと!ラジオ出張版 「神戸っ子出張版」1

ゲスト 和田昌裕さん(ヴィッセル神戸監督)
パーソナリティ 田辺眞人さん(園田学園女子大名誉教授)
        天宮 遥さん(ピアニスト)

ラジオ関西・日曜朝の番組「田辺眞人のまっこと!ラジオ」の中の「まっこと! ラジオ人物事典」は、角界で活躍されているゲストを迎えたコーナーです。出張版では、その中でも特におもろいお話を抜粋してご紹介。

天宮 和田監督は、田辺眞人先生が御影高校で歴史の教師をされていたころの教え子です。
田辺 御影高校というのはね、学校や先生への恨みなんて持っていない、「けなげ」な生徒たちが集まっていたんですよ。
天宮 和田監督は高校2年、3年のころ、インターハイに出場されたとか。それまではサッカー部はあまり強くなかった?
和田 ええ僕は高校でもサッカーをやりたくて、目指すは全国大会と思って入ったんですが、先輩たちのプレーを見ていてこれはあかんなと(笑)。でもみんなに全国を目指そうと呼びかけて、とにかくまず自分が一生懸命練習をして、それでみんなもつられてがんばるようになったんです。とにかくまじめにやることだけが取り柄みたいなチームでしたから、どんどん実力がついたんでしょう。
天宮 でも入りたての一年生がそんな目立って、軋轢などはなかったんですか? 先輩から目をつけられるとか。
和田 無かったですね、みんなかわいがってくれました。
田辺 それがほら、御影高校らしいところですよ。
天宮 さて、昨年は9位と躍進したヴィッセル神戸です。
和田 昨年は終盤7試合連続で負けませんでしたし、今季は3、4連勝もありました。連勝するのはチーム力が上がったということです。信頼関係も深まって、チームの雰囲気はとても良い。
天宮 何か指導方法が?
和田 戦術もありますが、僕がとにかく心がけているのは、毎日全選手に声をかけることです。監督は常にみんなを見ているよと。最後は選手のメンタルにかかってきますから「負けたくない!」という思いが強い選手は強くなりますね。9位は決して、おめでとうという順位ではないですが、サポーターの皆さんからの期待値が上がっていることも感じますし、来期はさらに上を目指したいです。
天宮 田辺先生も清盛だけじゃなくてヴィッセルも盛り上げていきましょうよ!
田辺 そうですね、まずは開幕試合の応援に行きたいですね。
(12月18日放送分より抜粋)

「田辺眞人のまっこと!ラジオ」

ラジオ関西 毎週日曜日 朝10時~12時放送中


ページのトップへ

目次 2012年1月号