耳よりKOBE 究極のエコカーが兵庫県に初登場!燃料電池自動車「MIRAI」展示会

 2月21日・22日、トヨタが開発した次世代型の燃料電池自動車「MIRAI」が、大丸神戸店前のロビースペースに、兵庫県で初お目見えした。
 宇宙でもっとも豊富な気体といわれる水素は、さまざまな原料からつくることができて環境にやさしく、ガソリンに代わる燃料として、現在、世界各国で水素をエネルギーとして利用する試みが始まっている。
 1992年に燃料電池自動車の開発をスタートし、2002年12月には燃料電池ハイブリッド車「トヨタFCHV」を日米で限定販売してきたトヨタ。このたび、今まで培ってきたハイブリッド技術をコアテクノロジーとして応用し、水素を燃料としたエコカー「燃料電池自動車」を製造することとなった。「MIRAI」は、水素と酸素を化学反応させて電気をつくる「燃料電池」を搭載し、水しか排出しないことから究極のエコカーといわれている。
 注目の車の登場とあって、買い物客も足を止め、その斬新なデザインに熱い視線を送った。次世代の車社会の到来を予感させる2日間となった。

2月21日、大丸神戸店前に登場した燃料電池自動車「MIRAI」。 兵庫県初のお披露目となった

2月21日、大丸神戸店前に登場した燃料電池自動車「MIRAI」。
兵庫県初のお披露目となった

4灯式LEDヘッドランプ

4灯式LEDヘッドランプ

1回あたりの水素充填時間は3分ほど

1回あたりの水素充填時間は3分ほど

操作パネルなどセンタークラスターは左下部に設置

操作パネルなどセンタークラスターは左下部に設置

ボンネットを開くとパワーコントロールユニットが姿を現す。一充填走行距離は約650kmと発表されている

ボンネットを開くとパワーコントロールユニットが姿を現す。一充填走行距離は約650kmと発表されている

20150406106

■兵庫トヨタ自動車(株)

神戸市中央区磯辺通4-2-12
神戸市役所南フラワーロード沿い
TEL.078-252-2815
営業時間 9:30~19:00
定休日 毎週火曜日
    (火曜日が祝日の場合は翌平日)
http://www.hyogotoyota.co.jp
※今回の撮影は、兵庫トヨタ自動車㈱様に
 ご協力をいただきました。


ページのトップへ

目次 2015年4月号