マネージャー・宮本朋和さん、店長・YUKIさん

KOBEの人気ヘアサロン コウベ/スタイル Vol.19

クオリティの高い「カット技術」で美しい流れとツヤを創り出す

Brush up KOBE(ブラッシュ アップ)

 

「Brush up」では、むだな梳きや削ぎによるのではなく、カットによって基本的なシルエットを作る、基本に忠実なハサミの技術を大切にしています。この基礎技術と、お客様の髪を大切に扱う意識、これらは、時代や流行が変わっても変化することはありません。「Brush up」という店名には、【美しさを磨くため、技術と心を磨く】というお店のコンセプトが込められています。中でももっとも重要な「カット技術」を磨き上げることにより、どのサロンでも通用する技術を持ったスタッフを育てることも、目的のひとつとしています。

 スタイリストは自身のオリジナリティを求める人が多く、若いスタイリストはそちらに走りがちです。しかしどんな技術も「基礎」が大切。書道で楷書をしっかり学んだからこそ、行書が美しく書けるように、カットの技術も同じことです。ハサミによるカットで美しい流れを作り、しっかり形を整えることで、家に帰ってから自身でスタイルを再現しやすくなり、スタイルの持ちもよくなります。
 マネージャーの宮本朋和さんは、「ヘアカットは、切り取る仕事ではなく、きれいな形を作るために髪を残すということ。すなわち、カットは“残す”という作業だと思います」と話します。「僕はお客様との一期一会の出会いを大切にしていますが、カットも一期一会だと思っています」。サロンは今年、オープン21年。小さなお子様から上は90代まで、客層はとても幅広く、ファミリーで通うお客様もいます。
 白髪染めを中心としたエイジングケアも大切にしているメニューで、ヨーロッパでの認定を受けたオーガニックのカラー剤や、トリートメントメニューも充実しています。そのため「Brush up」に通うお客様は、サロンに来たときと帰るときと、髪のつややかさがまるでちがってしまうほどなのだとか。「特にミドルエイジのお客様の髪のつややかさは、どのサロンにも負けないと思いますね」と宮本さん。

天井が高く、開放的な空間のサロンは神戸旧居留地ブランドの発信地

天井が高く、開放的な空間のサロンは神戸旧居留地ブランドの発信地

「Brush Up」では頭の形を地球儀に見立てて指導している

「Brush Up」では頭の形を地球儀に見立てて指導している

20150403703

20150403704

Brush up KOBE

TEL.078-331-2678
神戸市中央区京町68 4F
火~金曜日11:00〜21:00
土・日曜日10:00〜20:00
※最終受付は2時間前まで
定休日 毎週月曜日


ページのトップへ

目次 2015年4月号