JR三宮駅の構内に店舗を構えるJTB西日本神戸支店

特集「選ぶ楽しさ」 旅のことなら、おまかせ下さい

JTB西日本 執行役員
神戸支店・支店長
田村 明士さん

 

―JTB西日本がカバーするエリアとは?
田村 京都、大阪、滋賀、奈良、兵庫、和歌山の近畿2府4県が営業エリアです。神戸支店では神戸、三宮、尼崎に店舗を置いています。
―旅行の企画・開発も行っているのですか。
田村 国内パッケージ旅行エースJTBであれば、大阪にある国内商品事業部で関西エリア内で販売する北海道から沖縄までの旅行商品を作成しています。新しいマーケットの開発、事前準備、旅館・ホテルをはじめとする関係機関様との打ち合わせ、パンフレットづくりまでが一連の流れです。
 国内の場合は実施時期の半年前にはほぼ計画が固まっています。
―田村支店長自身も開発に携わったことも?
田村 東京本社の国内旅行企画部(現・旅行事業本部)に3年所属し、旅館・ホテルをはじめとする関係機関様との契約に携わり、全国商品を作るセクションの課長を務めたことがあります。現地全てに足を運ぶわけにはいきませんので、全国の折衝担当者と一緒に企画・開発を進めていました。
―添乗員も経験されたのですか。
田村 私が入社した当時は入社すると、お客さまに直接、商品を買っていただく支店に配属されます。10年ほど所属し、エースやルックの添乗員としてお客さまに同行する機会もありました。分からないことばかりの頃でしたから、その経験を普段の営業に生かすことができたのはありがたかったですね。初めての添乗は九州へ12組のご夫婦をご案内する旅でしたが、お客さまに助けていただきながら無事に終えたことをよく覚えています。
―お客さんが人気添乗員に付いてくるということもあるようですね。
田村 昔と違って、今は専門の添乗員がサポートしています。それぞれに得意な方面があったり、その添乗員のファンになってくださったりして、そういうこともあるようですね。
―東日本大震災の影響はまだ残っていますか。
田村 修学旅行の行き先を急遽変更するなど一時的な影響はありました。私共も上半期は、東北応援プラン「まってます!東北」に力を入れてきました。徐々に東北の観光地も元の状態に戻ってきていて本来の観光へのニーズが高まってきましたので、10月からは通常通りの対応をしています。東北6県の名産品をお届けする商品は来年3月末まで続ける予定です。
―今のお勧め商品は?
田村 今までになかった企画として「アジアのB級グルメを楽しむ旅」があります。行程中のほとんどの食事を含んだツアーですが、実際現地に企画チームが出向き地元の人たちに人気のお店を選りすぐりました。自由な時間には雑貨店などを巡ってアジアの街歩きを楽しんでいただくための情報も満載しています。
 物販では年末にかけては「おせちの達人」です。全国の名旅館やホテル、料亭のおせちが選べるもので毎年好評いただいています。
―私たちが旅を選ぶ際のポイントはありますか。
田村 お客さまの目的に多様性が出てきている時代ですから、それを聞き取るコミュニケーション能力を私共が高めなくていけません。人生においてどういう意味がある旅なのか、こだわっておられる部分は何かを会話の中で確認し、それらに合う候補をお勧めする。それができれば、実際に行かれてからの満足度も高くなると思っています。
―ウェブで選ぶ人も多いですね。
田村 お客さまが求めていることがはっきり分かっておられる場合はウェブが便利で早いですね。付加価値を付ける必要があり迷っている場合は、一番合っているのはどれかという窓口相談でお客さまの求めている物をご提案するのが旅行会社の役割だと思います。私共はお客さまに最適な旅を一緒にチョイスする能力を持っています。
―田村支店長が感じる神戸の魅力は?
田村 若い方も年配の方もおしゃれな生活をされていて、それを日常で支える素材が多い街だということ。見どころもたくさんありますが、何より住んでいる方が我が街として愛されていると感じます。
―その魅力を発信するにはどうすればいいのでしょうか。
田村 神戸により多くのお客さまに来ていただくことは私共の今後の役割でもあります。他の地域から来られる方に神戸を知っていただくためのヒントは、日常生活で大事にされているひとコマひとコマを丁寧に伝えていくこと。特別なことをご提供するだけがおもてなしではなく、住んでいる人たちの満足感の高い日常生活の本質を知ってもらうのが都市型観光の考え方、これからの旅行の考え方の一つではないかと思っています。
―今後とも観光神戸のためによろしくお願いいたします。

 

アジア各国のB級グルメを楽しむ旅が新プランとして登場

アジア各国のB級グルメを楽しむ旅が新プランとして登場

 

全国の名旅館やホテル、料亭のおせちが選べる「おせちの達人」も好評

全国の名旅館やホテル、料亭のおせちが選べる「おせちの達人」も好評

 

20111101601

 

田村 明士(たむら あきお)

1981年慶応義塾大学法学部法律学科卒業。㈱日本交通公社入社支店での営業、イベント企画会社への出向などを経て1999年JTB国内旅行企画部 仕入チームマネージャー。2004年JTB倉敷支店長。2007年 ㈱JTB西日本団体旅行京都支店長。2010年 ㈱JTB西日本神戸支店長。趣味 ゴルフ・楽器演奏。


ページのトップへ

目次 2011年11月号