「いい歯の日」によせて 「デンタルドック」とは歯のための人間ドックです

~ご自分の歯のことを知った上で歯医者さんにかかっていますか~

健康な体は「豊かな生活」の基本です。この健康を守るため、ある程度の年齢になると「人間ドック」を受ける方が多いようです。
人間ドックは、ご自身の体の状態を調べ、正しく理解することができます。もし何か異常が見つかれば、正しい知識をもらって専門医を受診するわけです。
一方、お口の場合ではこのような仕組みがありません。お口に起きた何らかの症状により歯科医院に行かれる方がほとんどです。このため症状解決のための処置が急がれ、治療においても、受診回数、治療費用や方法についてじゅうぶんに吟味されることなく、歯科医の先生まかせになってしまうことが多いのです。
このことによって、結果的に歯を失ったり、納得のいく治療が受けられなかったりというトラブルにつながっているのではないでしょうか。
「デンタルドック」では、あなたのお口の中の問題を見極め、正しく理解する支援が受けられます。そして、その理解に基づき、歯科医師としっかりとした話し合いを行うことにより、納得のいく治療を受けることができるのです。
「デンタルドック」は、このような支援を行うことを目的として、口という臓器に特化した人間ドックです。

20111107002

歯科医師 足立 優

ごあいさつ「健康で豊かな人生のために」

私は「生涯にわたり歯を守る」という目標を掲げ、より良い歯科医療を求める患者さんが、良い歯科医療を実践している歯科医が出会えるように「NPO法人明日の歯科医療を創る会POS」を設立し、これまで取り組みをおこなってきました。
皆さんは「健康なお口」は、大きな価値をもたらしていることをご存知でしょうか?想像してください。むし歯がシクシク痛む日、歯周病に悩む日、美味しくものが食べられない日、歯を出して笑えない日、入れ歯の調子が良くない日…。そんな不幸な日を我慢して過ごしてはいませんか?健康なお口は、豊かな生活に結びついているのです。そしてその健康な歯を守るのはあなた自身です。
そういった「健康なお口」への意識をもっと高めていただくために、「神戸デンタルドックセンター」を設立しました。治療のための検査ではなく、自分の口と歯科に関する知識を得るための仕組みです。
お口の健康と、ご自身のお口の中のこと、それらを今一度、考え直す機会に役立ててください。


ページのトップへ

目次 2011年11月号