KOBECCO 2011

クロマチックハーモニカの世界に誘う

南里沙 クロマチックハーモニカ奏者

20110407401

「クロマチックハーモニカ」は、4オクターブと2音という、ヴァイオリンよりも広い音域を持つハーモニカ。その音色は「ハーモニカらしい哀愁漂う音にも、またジャズにおけるサックスのように力強い音にも、いわゆる男声から女声まで、さまざまな色の音が奏でられる、とても奥の深い魅力的な楽器です」と、南さん。演奏のしかたの大きな特徴は、「吹く」だけでなく「吸う」音もあること。吹き吸いの音の差はなく、ここで演奏者の技術が問われるが、「演奏する人によってちがう音が出るのは、この“吸い音”があるから」と南さんは言う。だからこそおもしろい楽器なのだという。
神戸女学院大学音楽学部音楽学科ではオーボエを専攻。在学中に、クロマチックハーモニカ演奏の第一人者・徳永延生先生の演奏を聴き、その音色に強く惹かれてすぐに弟子入りした。昨年、第30回 F.I.H.日本ハーモニカコンクール 3部門にて優勝、第8回 アジア太平洋ハーモニカ大会 クロマチックソロ オープン にて優勝など、数々のコンクールで高い評価を得ており、これからの活躍が期待される。
演奏は、クラシックはもちろん、映画音楽やジャズ、前衛音楽のほか、若い世代の演奏家には珍しく、美空ひばりや五輪真弓、日本の童謡・唱歌なども演奏。とりわけ日本の歌曲を演奏するときには「曲にのせて歌詞がきこえるように」を心がけ、譜面だけでなく歌詞の意味を考えながら演奏している。
これまであったハーモニカの音という概念をくつがえすような力強い音、また彼女の言うように歌詞がきこえるような繊細な音、さまざまなかたちの音を奏でるクロマチックハーモニカを通して、南里沙もさまざまな顔を見せてくれる。ぜひ生で聴いていただきたい。

4月13日(水) 三宮「ピア・ジュリアン」ナイトライブ
ほか、多数のライブ予定あり
http://southrachel.p1.bindsite.jp/

あきらめずに空を見上げていこう!
ライトカラーの応援ソング「ドンマイ!!」

ライトカラー アコースティックユニット

20110407501

唄担当のガンちゃんこと岩本圭介、ギター&コーラス担当のアゲちゃんこと上田智之、二人によるアコースティックユニット・ライトカラー。関西を中心にライブハウス、居酒屋、ライブバー、カフェなど様々な場所でのライブ活動を展開しながら、活動を全国に広めている。ライトカラーの魅力はライブにある。お客さんを巻き込んで、会場全体が一体となる。
「もちろん演奏している僕らもなんですけど、ライブを観ている人、CDを聴いている人、みんなに音楽を楽しんでほしいという思いを大切にしているんです。実際に体感して楽しめるライブはもちろん、メッセージをしっかり伝えることを大事にしています」
5月にはライトカラーとしては2枚目であり、初の全国発売となるシングル「ドンマイ!!」が発売される。もともとは人気漫画『ワンピース』に登場する「ウソップ」というキャラクターをイメージして作られたタイトル曲は、諦めずに立ち上がることの大切さをメッセージとして込めた、ライトカラー流の応援ソング。
「学校とか、会社とか、何気ない日常の中で失敗することがあると思うんです。失敗した時でも『諦めずに行こう!』という気持ちになれるような、ノリノリの曲になっています」
シングルのリリースから、レコ発イベント、その後のツアーなど、全国に向けての予定も決まりつつある。「ライトカラーの曲で、皆さんの心のちょっとした隙間をライトカラー色で埋めたい」と言うように、ライトカラーのメッセージとサウンドが全国に響き渡る。

ライトカラー/ドンマイ!!
品番NSSR-015 価格1,050円(税込)
2011年5月4日(水)発売 発売元:mimorhythmix
http://light-color.net/


ページのトップへ

目次 2011年4月号