新入生へ贈る言葉 人との交流にコミュニケーションを大切に

新入生の皆さん。
今の皆さんにとって、何より大事なことは、人との交流、コミュニケーションです。
昔は、情報は大学の図書館や大学の先生の頭の中に収まっていました。私たちの学生時代には、インターネットどころかもコピー機もありませんでした。情報にアクセスするには、自ら情報や知識のある場所に行かなくてはなりません。大学はそういう場所だったのです。
しかし、今は違います。情報は、自ら手間暇をかけて取りに行かなくても、ネットやテレビやあらゆるところから手軽に得ることができます。
そうなると、情報や知識を得ることよりも、そうして得た情報や知識を現実に活かす機会が重要になってきます。しかし、そうした機会は、先の情報の話とは逆に、昔の方が豊かだったように思います。つまり、昔は、情報は乏しくても、いろいろな集団や仲間が周りにあって、広く深い交流があったように思います。
流通科学大学では、仲間との交流、社会との交流、地域との交流等々、あらゆる場面でそうした機会を作っています。新入生の皆さんも、新しい交流の地平を次々に広げていって欲しいと思っています。

石井 淳蔵

流通科学大学学長


ページのトップへ

目次 2011年4月号