明石市の林崎海岸でSUP(スタンドアップパドル)を楽しむ

ぶらり私のKOBE散歩 Vol.11

村上 豪英
Murakami Takehide
株式会社 村上工務店 代表取締役社長

海を愛し、山に癒され、街を楽しむ

神戸を中心としたビルや住宅の建築会社を経営する村上豪英さん。仕事の合間をぬって世界で注目される都市を旅行したり、自然との対話を楽しむかのようにアウトドアライフを満喫する。そんな好奇心に満ちた村上さんに神戸をご紹介いただいた。

太陽と潮風を浴びて波の上散歩で脱日常

忙しい仕事の合間をぬって楽しむオフタイム。神戸には少し足の延ばすだけで都会の喧噪を忘れられるスポットがたくさんある。林崎海岸を一望する高台に建つkūkahi(クーカイ)は日本で唯一のスタンドアップパドル(SUP)専門店。一年前にこの場所にオープンし、最近SUPの魅力にはまった村上さんは、足繁くこの海に通っている。
SUPの最大の魅力は、初心者から上級者まで、さらには海の状況に応じて楽しめること。「最初はクルージング感覚で海の上をすべる爽快感を、慣れて来たらスピードレースに参加することができますし、沖に出て釣りを楽しむ人もいます」と語るのは、SUPの国内大会で入賞経験をもち、店長でもある谷本安弘さん。波のない明石の海で楽しむにはSUPは最適のマリンスポーツだと言う。
まだはじめたばかりの村上さんにとっても、水の上で過ごす非日常な空間はかけがえのない時間になっている。「神戸からも近いし、少し時間を見つけたらこの海に来られるのが嬉しい」と村上さん。

「kūkahi」の前には海岸が広がる。サーフボードを担いでトボトボと…

「kūkahi」の前には海岸が広がる。サーフボードを担いでトボトボと…

20130800702

 

「kūkahi」は全国で唯一のSUP専門店。幅広い商品ラインナップを誇る

「kūkahi」は全国で唯一のSUP専門店。幅広い商品ラインナップを誇る

店長の谷本さん(右)は、SUPの全国大会での入賞経験をもつ

店長の谷本さん(右)は、SUPの全国大会での入賞経験をもつ

20130800705

 

20130800706

■kūkahi(クーカイ)

TEL.078-920-8817
明石市松江60
営業時間9:00〜19:00
ボードレンタル 2時間2,500円
スクール 2時間5,000円
火曜休(7月8月は無休)
http://kukahi.jp/

 

山の生命力に身を置いて自然の力でリフレッシュ

新神戸駅から400メートルの場所にある景勝地「布引の滝」は、お手軽に登山気分を味わえる神戸ならではの山スポット。新神戸駅をくぐって山側に抜けるとすぐに、水のせせらぎが心地良い山の風景が広がる。布引の滝は日本三大神滝のひとつで、雄滝、雌滝、夫婦滝、鼓滝の四つからなり、特に一番奥にある雄滝は街中からすぐの場所にあるとは思えないほどの迫力で、その景観は一見の価値あり。
月一回はリフレッシュのために山に登る村上さんにとって、布引の滝からの登山コースはお気に入りのコース。雄滝から山麓リボンの道を抜けてすぐの見晴し展望台からは、大阪湾方面に向けての神戸のまちを一望できる。ここで一息ついたら、貯水池を目指し、さらに摩耶山山頂まで約2時間の登山コースを歩ききる。
「摩耶山登山は、帰りはロープウェイとケーブルを使って降りられるのがいいんですよ(笑)。下りで無理して膝を壊す心配もありませんしね」と村上さん。自分ペースで楽しむことが、無理なく心と身体をリフレッシュする秘訣。

新神戸駅からつづく登山コース。森林浴を楽しみながら山頂をめざす

新神戸駅からつづく登山コース。森林浴を楽しみながら山頂をめざす

布引の滝で最大の規模を誇る雄滝。一気に清涼感が増す

布引の滝で最大の規模を誇る雄滝。一気に清涼感が増す

摩耶山には初心者から上級者に合わせて、幾通りもの登山コースがある

摩耶山には初心者から上級者に合わせて、幾通りもの登山コースがある

展望台から神戸の街並みを望む。都市に隣接しながら登山を楽しめるのも神戸の魅力

展望台から神戸の街並みを望む。都市に隣接しながら登山を楽しめるのも神戸の魅力

20130800805

 

フライフィッシングの話になると少年に戻る

鯉川筋と生田新道との交差点付近にある「肉の入江」。一頭買いを行うことで、ミスジ、イチボ、ランプなどの希少部位をリーズナブルな価格で味わえるとあって連日賑わいを見せている。新鮮なお肉に特製ダレと朴葉をじっくり漬け込んだツボ漬けハラミは、お店の看板メニューでもある。オーナーの入江伸悟さんとは、フライフィッシングを楽しむ仲でもある。「いやいや、村上さんは僕の師匠なんです」と笑う入江さん。普段は多忙なお二人も、釣りの話になれば少年のようにはしゃぎ回る。アマゴ、ヤマメ、イワナが生息する清流を求めて、徳島、岡山、鳥取へも足を運ぶ。色とりどりのフライ(毛針)はご自身の手づくり。「フライフィッシングの毛針は、本当の餌ではありませんから魚が飲み込むことが少ないんです」。釣り上げた魚をできるだけ傷つけることなくリリースする。村上さんの自然への愛情深さが伝わってくる。

フライフィッシングの魅力に取り憑かれたお二人は、中国から四国地方まで足を伸ばす。右が「肉の入江」オーナーの入江さん

フライフィッシングの魅力に取り憑かれたお二人は、中国から四国地方まで足を伸ばす。右が「肉の入江」オーナーの入江さん

アマゴの美しさに目を奪われる。手で直接掴むと人間の体温で魚が弱るためリリースには細心の注意を払う

アマゴの美しさに目を奪われる。手で直接掴むと人間の体温で魚が弱るためリリースには細心の注意を払う

フライ(毛針)のほとんどは村上さんの手づくり。本物の餌ではないので魚が飲み込むことが少ない

フライ(毛針)のほとんどは村上さんの手づくり。本物の餌ではないので魚が飲み込むことが少ない

肉の解体に7年の修行を積んだ入江さん。一頭買いを行うことで希少部位をリーズナブルな価格で提供する

肉の解体に7年の修行を積んだ入江さん。一頭買いを行うことで希少部位をリーズナブルな価格で提供する

「肉の入江」の看板商品「ツボ漬けハラミ」

「肉の入江」の看板商品「ツボ漬けハラミ」

時を忘れて、フライフィッシングの話に夢中になる

時を忘れて、フライフィッシングの話に夢中になる

20130800904

 

20130800905

■肉の入江

TEL 078-391-2915
兵庫県神戸市中央区下山手通3-15-19
三石ビル1F
営業時間/17:00~24:00(L.O23:30)
夜10時以降入店可
定休日/無休
http://niku-no-irie.com/

 

ここでしか出会えない名曲がある

アウトドアに向かうとき村上さんの聴く曲は、いつも美しいメロディと心地よいグルーヴに彩られている。でも、知られていない曲やアーティストばかり。その秘密は、乙仲通に佇む小さなCDショップにあった。ディスク・デシネはソウル、ポップ、ロック、ジャズ、はたまたアイドルまで、幅広いジャンルの音楽のセレクトショップ。オーナーの丸山雅生さんはDJ。未知なる音楽との出会いを求め世界中を駆けめぐり、これぞと感じたものは権利を得て自社レーベル「プロダクション・デシネ」でリリースしている。選ぶ基準は売れるかどうかじゃなく「自分が好きか、気に入るかどうか」とオーナー。でも「マイナーだけど、マイナー趣味じゃない」と村上さんが評するように、フィーリングを大切にした曲のセレクトは秀逸。自由に試して曲を選べ、希望すれば好みやシーンに合わせてソムリエのように音楽を選んでくれるから、初めての人でもお気軽に。

ネットや大型店でも入手困難なCDやレコードばかり。ネット販売では世界中から注文が

ネットや大型店でも入手困難なCDやレコードばかり。ネット販売では世界中から注文が

今のイチオシは、ジャマイカの女性アーティスト、シャロン・フォレスターのデビュー作で、権利者を探すのに難儀してCD化まで4年もかかったとか

今のイチオシは、ジャマイカの女性アーティスト、シャロン・フォレスターのデビュー作で、権利者を探すのに難儀してCD化まで4年もかかったとか

「デシネ」のある栄町通、乙仲通は、個性的なお店が集まり、若者たちに人気のエリア

「デシネ」のある栄町通、乙仲通は、個性的なお店が集まり、若者たちに人気のエリア

村上さん曰く「丸山さんは音楽のソムリエ」と評する。村上さんのお気に入りは、「プロダクション・デシネ」のコンピレーション。シリーズのほとんどを購入したとか

村上さん曰く「丸山さんは音楽のソムリエ」と評する。村上さんのお気に入りは、「プロダクション・デシネ」のコンピレーション。シリーズのほとんどを購入したとか

店内には、こちらも「好きなもの」をセレクトした服飾雑貨も。オリジナル商品も要チェック

店内には、こちらも「好きなもの」をセレクトした服飾雑貨も。オリジナル商品も要チェック

20130801103

■ディスク・デシネ

TEL 078-321-3008
神戸市中央区栄町通 2-1-2
日東ビルディング B03
営業時間/14:00~20:00(平日)
13:00~20:00(土日祝)
定休日/月火
http://www.disquesdessinee.com/

 

学び、つながり、発見する神戸モトマチ大学が神戸を元気に

日本青年会議所で日本中のまちづくりを研究してきた村上さんが、2年前にスタートさせたプロジェクトが神戸モトマチ大学。「大学には学ぶことの楽しさを知ること、人と人とをつなぐこと、そして自分の可能性を発見する機能があります。この大学機能を街中に大学のない神戸の真ん中に作りたかったのです」と村上さん。
神戸には素晴らしい人がたくさんいるが、なかなかそういう人たちと知り合う機会もない。そこでそういう人たちに先生になってもらうことで、新しいネットワークが生まれ、神戸のまちがもっと素敵なまちになればという願いが込められている
神戸モトマチ大学では、毎月のように講義を開催するほか、在神企業による新規事業を応援するプロジェクトなど、神戸を元気にする様々な試みが行われる。神戸活性化の起爆剤としての期待は大きい。
URL www.kobemd.com

神戸モトマチ大学でナビゲーターを務める村上さん

神戸モトマチ大学でナビゲーターを務める村上さん

20130800602

村上 豪英(むらかみ たけひで)

小さい頃から自然に興味をもち、大学院で生態学を学んだ後、シンクタンクに勤務。現在は株式会社村上工務店の代表取締役社長。2002年に神戸青年会議所に入会した後、日本青年会議所の議長などを務める。2012年、神戸青年会議所理事長。2011年より神戸モトマチ大学代表。1972年生まれの40歳。趣味はフライフィッシングとサッカー、トレッキングなど。


ページのトップへ

目次 2013年8月号