兵庫県ウエイトリフティング協会理事長でもある横山信仁監督(左)と

草葉達也の神戸物語

ゲスト:八木かなえさん
(女子重量挙げ選手)

最近、駅とかで「振り込め詐欺撲滅」と書かれたポスター見かけませんか? 可愛い女の子が大きなバーベルを上げている写真が写っています。それが今回お話させていただいた八木かなえさんです。あるバラエティー番組にゲストで出演するやいなや、一躍人気美人アスリートになりました。それもそのはず、本当に可愛い152センチの小さな高校生が、自分の体重の倍以上もある106キロバーベルを持ち上げるのですから、おばちゃんビックリ、お兄ちゃんドッキリという感じだと思います。

「こんにちは」「初めまして」「神戸生まれですか?」「そうです。生まれも育ちも神戸です」「重量上げはいくつからはじめられました?」「高校に入ってからです」「えっ、そうなんですか!」「それまでは幼稚園から10年間機械体操をしていましたが、高校に入って新しい競技をやりたいと思っていたところ、中学三年生の学校見学会の時に、この友が丘高校で初めてウェイトリフィングを見て、見るまでは全く知らない競技だったのですが、友が丘のウェイトリフィング部は強いとか、良い指導者がいると聞いて、同じやるなら強くて勝てる部活に入りたいと入学後に入部しました」「練習はどれぐらいされていますか?」「朝練1時間ぐらいと放課後2時間半ぐらいです。メニューは先生が決めてくださるので、それに沿ってやります」「どんなところが楽しいですか?」「やはり、どんどん重いのが持ち上がるようになった時ですね」「話は変わりますが、趣味は?」「食べることですね(笑)」「何が好きですか」「アイスが一番好きです。食べている時は幸せです(笑)」「お休みは買い物とかは」「そうですね、友達とよく三宮に出かけます。まず最初にOPA行って、ロフトに行ってセンター街をぐるーっと見る感じですね。一応ルートが決まっていて、同じ店にいつも行ってます」
「卒業したら進学して神戸を出ることになると思いますが」「そうです。寂しいですね〜 ようやく行きたい店に行けるようになったり、神戸がお洒落な街ということもわかってきたところですし・・・ 本当に寂しいです。もっと早く色々と知っておきたかったです」「普段はどんなファッションですか?」「可愛い系が多いですね。色もピンクとか・・」「そんな子が100キロ以上のバーベル上げるから驚きですね(笑) 」
「最後に今後の目標は?」「ひとつひとつ段階を踏んで目標を立てているのですが、高校の新記録が三つあって二つは出しました。この3月にある最後の大会で、もう一つの新記録を出したいです。また大学生になるとジュニア新記録というのがありますので、それにも挑戦していきたいなぁと思います」「その次は世界ですね」「フフッ、そうですね〜 でも大きな目標を立てると・・・」「じゃ、ステップアップして頑張ってください」「はい、ありがとうございます」
本当に小さくて、どこにでもいる可愛い高校生でした。彼女を指導されている横山信仁監督は「八木の瞬発力は凄い」と絶賛していました。わずか三年の競技歴で次々と記録を塗り替え、次のオリンピックでは日本代表確実、メダルもという声も聞きます。ぜひ神戸から世界に躍り出て欲しいですね。ちなみに横山監督の娘さんは元タカラジェンヌの娘役スターの琴まりえさん。さすがタカラジェンヌの娘を持つだけあって、かなえちゃんも「とても優しい監督です」と笑顔で言ってくれました。でも男には厳しいだろうなぁ〜

昨年12月の日中韓フレンドシップ大会(中国)

昨年12月の日中韓フレンドシップ大会(中国)

20110309301

八木かなえ(やぎ かなえ)

1992年生 神戸市出身
競技歴8カ月でアジアユースを制した超新星。全国高校女子選手権3連覇。
09年世界選手権 48キロ級日本高校新記録など記録多数。

くさば たつや

神戸生まれ。作家、エッセイスト。
日本ペンクラブ会員
日本演劇学会会員
神戸芸術文化会議会員
大阪大学文学部研究科


ページのトップへ

目次 2011年3月号