店内バックにある書と絵がおもしろい

酒房うえ山 美酒・美味の夜に恋する

店主であり、料理人でもある上山寿三代さんがプロデュースしたのは「自分が行って飲みたい店」。内装を手がけた建築家は芸大卒の上山さんの人脈。陶芸家や、アーティストたちも作品を寄せ、独特の空間を創り上げている。北野にオープンして9年、毎夜、大人たちが集っている。
お料理は上山さん自身が、毎日垂水に出かけて買い付けた、昼網の旬の魚介が中心。和食だけれど、洋風の食材を使ったり、お酒と食べることが昔から好きだった女将の遊び心も加えたメニューが並ぶ。日替わりのお魚のお造り、焼き物、煮付けなどのほか、珍味・みそたまご(卵の黄身の味噌漬け)、枕崎直送かつおのハラカワ、トマト雑炊、極上酒粕を使用した鮭の雪鍋など鍋料理も。日本酒や焼酎の銘柄が豊富。「お料理と合わせておいしいのは、日本酒のような醸造酒です。食事にあわせにくい蒸留酒の中で唯一、料理のじゃまをしないのが焼酎ですね。でも、お好きなものといっしょに召し上がっていただくのが一番。」と上山さん。
隠れ家的な雰囲気づくりを目指したという店内は、京の町屋のように長いエントランスを入るとまさに、ゆっくりくつろげる、毎日でも戻ってきたくなる隠れ家そのもの。上山さんのお母さまによる接客も温かい。

20110205602

日替わりのおつきだし、奥は日替わりいもサラダの本日「さつまいもとソーセージと菜の花のサラダ」

日替わりのおつきだし、奥は日替わりいもサラダの本日「さつまいもとソーセージと菜の花のサラダ」

長いエントランス、その向こうに隠れ家があった

長いエントランス、その向こうに隠れ家があった

日本酒や焼酎の銘柄が多数そろう

日本酒や焼酎の銘柄が多数そろう

店主・上山寿三代さん

店主・上山寿三代さん

20110205705

酒房うえ山

TEL.078-241-8255
神戸市中央区中山手通2-12-10
営業 17:30~24:00
  (23:00L.O.)
定休 日曜・祝日


ページのトップへ

目次 2011年2月号