武田さんと選考委員の皆さん

[神戸百店会NEWS]神戸の市民賞「ロドニー賞」 記念すべき20回目は建築家の武田則明さんに

 神戸港の開港の際に、英国艦隊旗艦「ロドニー」が祝砲を放って人々を驚かせた。そのエピソードをもとに、今年一年、神戸っ子を驚かせ、神戸っ子を元気づけた人に贈られる神戸の市民賞「ロドニー賞」。過去には、オリックス・ブルーウェーブ時代に210本の安打を放ったイチロー選手も受賞している。
 「ロドニー賞」設立に深く携わったのは神戸丰月堂、故・吉川冬季子相談役。故・村山リウさんの「源氏物語を聞く会」に20年間にわたり創作和菓子「源氏の由可里」を納めてきた。その労に対して授けられた謝礼や賞金に、神戸丰月堂からの協力金を合わせて基金として、「ロドニー賞」は設立された。
 本年20回目となる記念すべき賞を受賞したのは、建築家の武田則明さん。開港以来、洋風文化に育まれてきた歴史的建造物の保存運動などが評価されての受賞となった。受賞式後には、武田さんの記念講演も開催された。「過去を大切にしない街は、将来が生まれてこない。今後も神戸が育んできた建築文化の価値を訴えると共に、スピリッツが宿る建築物を後世に遺していきたい」と語った。

下村俊子委員長より記念品の贈呈

下村俊子委員長より記念品の贈呈

今年のロドニー賞を受賞した武田則明さん

今年のロドニー賞を受賞した武田則明さん

源氏物語の情景を表現した「源氏の由可里」

源氏物語の情景を表現した「源氏の由可里」


ページのトップへ

目次 2010年12月号