耳よりKOBE 関西ハンガリー交流協会が主催 「ハンガリーの文化と味覚を楽しむ集い」

 中央ヨーロッパの国・ハンガリー共和国の歴史や文化などに親しみ、交流を深めることを目的に、1992年に設立された関西ハンガリー交流協会(向山毅会長)が主催して、「ハンガリーの文化と味覚を楽しむ集い」が、10月29日、ホテルプラザ神戸18階「スカイバンケットSORA」でおこなわれた。東京にはハンガリー料理店があるそうだが、関西には一軒もないということを悲しんだ向山会長らが、ハンガリー料理に親しんでほしいと初めて企画した。
 ハンガリーの料理の代表・パプリカをたっぷり使った牛肉の煮込み料理「グヤーシュ」をはじめ、幻の豚とされるハンガリー原産の稀少な豚「マンガリッツァ」、トカイワインなどのハンガリーワイン等が紹介された。料理を担当した山田シェフもハンガリー料理を手がけるのは初めてだったそうだが、向山会長や和子夫人にレシピを伝授されとてもおいしいお料理に仕上げ、参加者も大喜び。
 金森順次郎協会相談役のあいさつの後、兵庫県国際交流協会の後藤綾一課長ら来賓の紹介があり、続いて日本ハンガリー合唱交流委員会代表の後藤田夫規子さんが乾杯の発声を。美味を舌で味わった後は、耳で文化を楽しもうと、ヴァイオリン奏者の福永精一さん、福永千江子さん、小津久子さん(ピアノ)によるジプシー音楽が披露され、拍手喝采。協会顧問で大阪ユネスコ協会会長である中馬弘毅さんもかけつけ、あいさつを。窓の外はドナウ川の流れならぬ神戸港の美しい夕景が望まれ、目にも楽しい会だった。また大阪大学外国語学部ハンガリー語学科からは、10月にハンガリー西部でおきた赤泥流出事故に対し、復興支援の寄付金のお願いが寄せられ、協会では参加費の一部をこの活動に寄付することを発表した。

交流協会会員をはじめ参加者の皆さん

交流協会会員をはじめ参加者の皆さん

後藤田夫規子さん

後藤田夫規子さん

向山毅会長

向山毅会長

金森順次郎相談役

金森順次郎相談役

料理を担当した山田シェフ

料理を担当した山田シェフ

中馬弘毅さん

中馬弘毅さん

ハンガリー名物「グヤーシュ」

ハンガリー名物「グヤーシュ」

ハンガリー産サラミなども

ハンガリー産サラミなども

福永さんのジプシーヴァイオリンに拍手喝采!

福永さんのジプシーヴァイオリンに拍手喝采!

■関西ハンガリー交流協会

大阪市中央区西心斎橋1-9-7
TEL.06-6271-6681


ページのトップへ

目次 2010年12月号