草葉達也の神戸物語

ゲスト:金本浩二さん
(プロレスラー)

 

私は子供の頃からプロレスの大ファンです。さすがに力道山は知りませんが、ジャイアント馬場さんや、アントニオ猪木さんのプロレスはリアルタイムで見ていたので、昨日今日のプロレスファンではありません。今でもよく見に行くのですが、ひとりのプロレスラーを密かに、ずっと応援しています。それが、今回お話させていただいた新日本プロレス所属の「アニキ」こと金本浩二さん。神戸出身で神戸をこよなく愛する、心優しきプロレスラーです。三代目タイガーマスクとしても知られ、プロレスファンで金本さんを知らない人はいないと言っても、過言ではないぐらい人気レスラーです。試合前の忙しい時間にお邪魔しました。

 「金本さんは神戸のどこ出身ですか?」「長田区の生まれです。長田神社が近いですね」「神戸には何歳までお住まいでしたか?」「十八までというか、大学が大阪でしたから寮生活をしていました。十八からは大阪ですが、神戸にはよく帰ってましたから二十三歳ぐらいまでですね」「バリバリの神戸っ子ですね〜 よく対談した人に聞いているのですが、小学校はどちらですか?」「長田の室内小学校です」「えっ! 私も一年生の時に室内小学校でした」「何年生まれですか?」「昭和三十八年です」「じゃ、僕の三つ上ですね」「これからは先輩と呼んでください(笑)子供の時は、どんな子供でしたか?」「それがスポーツが苦手で、通信簿とか体育は悪かったです」「へぇ〜そうなんですか。私は金本さんの身体能力の高さを知っていますので驚きですよ」「それがスポーツが苦手と勝手に思い込んでいまして、小学校の四年の参観日に障害物リレーをしたのですが、いややなぁと思いながらやったら、なんか速いなぁって言われて・・ それからですねスポーツは。それまでは、ピアノとか書道とかしてました」「そうですか。実家はまだ神戸に?」「あります。年に何度かは帰ってきて、会下山(えげやま)なんかは今でも走りに行きますよ」「懐かしいですね〜 私も会下山にはよく行きました。最近お気に入りの場所とかは?」「僕は神戸の景色を山から見るのではなく、港と山が見える海側からの景色が大好きなんです。だからポートアイランドとか好きですね」「私もそうなんですが、海からの景色が好きな人も多いですね。神戸に戻られるというような計画は?」「十年ぐらい前に、神戸に戻ってということを考えていたんですが仕事が忙しくて実行できなかったのですが、実は神戸にマンションを買いましたので来年から戻って来ます。本当に神戸大好きですから」
 「金本さんがそこまで神戸を愛する魅力はなんですか?」「海があって山があって街があって・・ それにお洒落ですしね。とにかく落ち着きます」「じゃ来年から神戸に戻って来られて、どんな神戸ライフを過ごしたいですか?」「イメージできてるんですよ! マンションのベランダに座って、ゆったりコーヒー飲みながら好きな音楽をかけて、ポートアイランドやポートタワーを眺めながら過ごしたいですね。何も考えないでボーっと・・ 神戸で生まれて、神戸で終わりたいですね」 
 神戸に戻って来る話になると、満面の笑みを浮かべてマンションの名前や住む階まで教えてくれた金本さん。本当に神戸が好きということが伝わってきました。神戸の皆さん、神戸を愛するプロレスラー金本浩二さんを、ぜひ応援してあげてください!

Circuit 20010 NEW JAPAN「ALIVE」
■2010年12月5日(日)PM5:00 GONG!
■明石市立産業交流センター(JR大久保駅徒歩1分)
■特別リングサイド ¥8,000
 指定席 ¥6,000 
 エリア自由席 ¥5,000
 ※当日券は¥500UP
■2011年3月20日(日)PM4:00 GONG!
■尼崎市記念公園総合体育館(予定)
■新日本プロレスリング新日企画 078-737-3142

K1012-078-03中

写真提供:新日本プロレス 金本 浩二(かねもと こうじ)新日本プロレス所属。1966年 神戸市長田区出身。 スピード&パワーのプロレスで数々のタイトルを手にする。

写真提供:新日本プロレス
金本 浩二(かねもと こうじ)新日本プロレス所属。1966年 神戸市長田区出身。
スピード&パワーのプロレスで数々のタイトルを手にする。

くさば たつや

神戸生まれ。作家、エッセイスト。
日本ペンクラブ会員
日本演劇学会会員
神戸芸術文化会議会員
大阪大学文学部研究科


ページのトップへ

目次 2010年12月号