多井畑厄神八幡宮 日本最古の厄除けの霊地

 「神戸の厄神さん」といえば多井畑厄神。770年に疫病が大流行し、それを鎮めるために五畿内の国境10ヵ所に疫神が祀られた。多井畑厄神八幡宮はそのひとつであり、日本最古の厄除けの霊地と伝えられている。現本殿は今から約630年前に建造された。
 毎年1月18日から20日の3日間にわたって厄神祭がおこなわれ、厄年のお祓いや、疫病退散、病気平癒の祈願と厄除けに多くの参拝者が訪れる。

20101205403

20101205404

20101205401

多井畑厄神八幡宮

☎078 ー 741 ー 0827
神戸市須磨区多井畑字宮脇1


ページのトップへ

目次 2010年12月号