北野天満神社 異人館街を見わたす 学問の神様

1180年、福原に遷都を夢見た平清盛の命を受け、大納言五条邦綱が、新しい都の鬼門を守るために京都の北野天満宮を勧進したことが縁起とされる。京の北野天満と同じく、学問の神・菅原道真公をお祀りし、学業成就や受験合格の祈願のため多くの人が訪れる。
場所は異国情緒あふれる北野の異人館街を抜け、階段をのぼりきった場所にあり、神戸の街を見わたすことができる。境内の手洗い場にある「かない鯉」は、願いをかなえてくれる鯉として神戸っ子には有名。

20101205503

合格祈願お守り

合格祈願お守り


神紋「梅鉢」のうつし金蒔絵守

神紋「梅鉢」のうつし金蒔絵守

20101205501

北野天満神社

☎078 ー 221 ー 2139
神戸市中央区北野町3 ー 12


ページのトップへ

目次 2010年12月号