レストラン「オルフェ」は、ミシュランの一つ星を獲得した

チャレンジ!〝レストランの魔術師〟

テイスト&デザインを科学する

 

株式会社 ポトマック 代表取締役 金指光司さん

 

―1軒のカフェから始めて20年以上。当初から多店舗展開を考えていたのですか。
金指 アパレルのデザインをやっていた当時、出張で東京に行くと、おしゃれなカフェバーがありました。デザインや音楽などサブカルチャーと飲食を融合させて自由に表現していて「カッコいいな。自分も神戸でやりたい」と思ったのがきっかけです。多店舗展開という志を持ったのは震災後です。より多くの人に自分たちの世界観や新しい表現、食の楽しさを知って欲しいと思うようになってからです。

 

―子供のころから人を楽しませるのが好きだったそうですね。
金指 一人で過ごす時間が多かったので、いつも頭の中にいろいろな人たちを登場させて物語を空想していました。今思えば、周りに人が居てくれて、人とのご縁の中で自分も楽しみたいと思っていたのでしょう。人を惹きつけるには、何かおもしろいことをやればいいと考えていました。

 

―失敗もあったのでしょうね。
金指 若い頃はいろいろ失敗もしました。自分の足りない部分、バランスの悪い部分を調整してくれたのも震災の体験です。それまでは若い人に向けて「こんなお店カッコいいでしょ」と自己表現していました。震災で4店舗全部がダメになりましたが、スタッフ共々食べていかなくてはいけません。コーヒーやカレーを売り、1店舗使えるようになってからは冷凍素材や、おでんとビールで店を開けました。すると被災された年配の方や家族連れがやって来ました。質素な鮭弁当でも「ありがとう。頑張って」と涙ながらに言っていただき、「飲食は人を感動さて、温かい気持ちにさせる」と知りました。だから一生、この仕事をやっていきたいとその時思いました。

 

―幅広い食に挑戦する上で重視していることは?
金指 今の時代を表現することも大切ですし、それが軽いファッションとして飽きられないように自分たちの食の表現をきちんとすることも大切です。私たちに出店依頼をいただくのは「ここで何かおもしろいことをやって欲しい」という期待があるからです。それに応えるには、その場所とお客さんが語りかけてくることを受け止めるアンテナが重要です。私にその才能はないですが、幸い仲間にいろいろな角度から検証できるエキスパートがいます。諸条件の積み上げが90%で、最後の10%がインスピレーションです。

 

―金指さんにとってのデザインとは?
金指 尖がり過ぎやハイエンド、計算し尽くされたものは好きですが、敢えて外して〝ゆるい〟ところを大事にしています。自分が穏やかな気分になれるのも人肌のあるところ。あいまいな人情や心地よさ、ロジカルでグレーな部分が大事です。金額、サービス、空間、お料理…、全てにおいてです。

 

―金指さんに是非プロデュースして欲しいと言うリクエストがたくさんあるようですよ。
金指 そんな…、とんでもない。確かに神戸にはもう一度、今の時代にブラッシュアップできる資産がたくさんあります。現代感覚の経営者やデザイナー、プロデューサーがクリエイトすれば神戸は変わると思います。ただし、私たちにその資格があるかは別です。

 

―今後の神戸への具体的なアイデアはありますか。
金指 私たちは神戸で生まれ、育てていただきました。デザイン都市、観光都市としての神戸に貢献できたらいいなと思っています。まず、観光のお客さんがもう一度来たくなるお店づくりです。そういう意味では、旧居留地の「オルフェ」がミシュランで一つ星をいただいたことはトピックスとして神戸の活性化に役立ち、皆さんにお返しができたかなと思っています。

 

―音楽でも神戸を元気に?
金指 お店の空気が変わる最大のインテリアは音楽です。自分たちの思いのこもったもの、新しいものを積み重ねていくことが大事。その機能を持って、各店舗のコンセプトに合った音楽を常に更新しています。新しい切り口での事業形態を模索しながら自社の音楽レーベル「fish for music」で発信し始めています。

 

今や神戸を代表する人気ブランドとなった「トゥース トゥース」

今や神戸を代表する人気ブランドとなった「トゥース トゥース」

 

20101102301

 

代表取締役 金指光司 

1963年 神戸市出身。86年、神戸・元町のトアウエストに「ランチョンバー トゥーストゥース」を創業。95年1月、阪神淡路大震災で被災。同年4月、「ブラッスリー トゥーストゥース」として再スタート。99年5月、株式会社ポトマックへ組織変更ならびに社名変更。人々の欲求と好奇心をくすぐる感覚で、時代の半歩先を見据え、一つのブランドに固執せず、多彩なカフェ・レストランブランドを誕生させた。2010年10月現在、神戸・大阪・首都圏に37店舗を構える


ページのトップへ

目次 2010年11月号