神代から伝わる名湯に癒されて 兵衛向陽閣

 鎌倉時代、仁西上人が、薬師如来の十二神将にちなむ12の宿坊を設けたことで有馬温泉は世に広がる。その内のひとつ「北の坊」が、現在の兵衛向陽閣にあたる。太閤秀吉公からその名を授かったという長い歴史のある宿で、昔から多くの文人墨客が訪れている。富岡鉄齋の書画や古丹波の壷など館内随所に名品が飾られ、宿泊客からも「小さな美術館のよう」との声も。和風の一の湯、ローマ風の二の湯、湯治場風の三の湯で、神代から伝わる名湯に癒されたい。

20101104402

兵衛向陽閣

神戸市北区有馬町1904
078・904・0501
【料金】一室2名様(一泊二食付)
16,800円〜/1名
日帰りプラン
2名様ご利用 4,800円
【IN】14:30
【OUT】11:00
【客室】135室 
【P】150台(無料)
http://www.hyoe.co.jp/


ページのトップへ

目次 2010年11月号