関西の地球人

祖国は中国、ふるさとは神戸

癒しの声とことばで親しみ深いMEMEさん。お祖父様は、神戸中華同文学校の創立に関わり40年以上校長をつとめた人物。MEMEさん自身は甲南大学卒業後、中国領事館に勤務、その後アメリカへ。サンディエゴで阪神・淡路大震災の第一報を聞き、神戸に戻りたいと気持ちを強くしたという。震災から半年後に神戸に戻り、パーソナリティーの仕事に誘われた。「ラジオの仕事は初めてで、毎日が勉強だった。でも私が感じたことやその空気、それをどう伝えるかを考えるのがとても楽しくて、やめたいと思ったことは一度もない」とか。天職に出会ったのだ。
一昨年起きた東日本大震災では、自分の無力さに再び呆然とすることになった。それでもラジオではこんなメッセージを発信。「お金のある人はお金を、体力のある人は体力を出し合おう。両方ない人は、まずは元気を出そう」。これは、同文学校を設立した当時の神戸華僑たちが話した“有銭出銭、有力出力(みんなで力を合わせよう)”という合言葉。
日本と中国、両方の文化の中で育ったことで「より多くの人と関わることができたことは、とても恵まれていた」と話す。祖先がつちかってきた日中の友好関係を、対話して少しでも相互理解できるように何かできれば、と考える。
今後、オトナ世代のエネルギッシュな女性たちのための企画を考え中。行動派で毎日大忙しの、二男児の母。
「AFTERNOON DELIGHT」FM COCOLO(802) 月~木曜 14:00~17:00

20131007702

MEMEさん

<ラジオパーソナリティー>


ページのトップへ

目次 2013年10月号