暮らしの真ん中に食卓を 神戸菊水

神戸菊水株式会社
株式会社メイショク 代表取締役社長
梅田 稔さん

60年前、町の小さなお肉屋さんから始まった神戸菊水。今や、神戸の美味しい精肉店の一つに数えられる。一方、加工品部門の㈱メイショクの製品は私たちの日常生活の中で目にすることができる。「素材を大切に」という創業者の思いを継承していきたいという二代目社長・梅田稔さんにその思いをお話しいただいた。

素材に勝る味付けはない

昭和28年に創業者である私の父が湊川市場に小さな精肉店を開店しました。そして、昭和40年会社組織として梅田食品株式会社(現在の神戸菊水株式会社)が発足しました。創業以来、精肉の小売りから、卸売り、レストラン事業と業態を拡大して現在に至っています。一方、その途中で父が海外へ視察に出かけてヒントを得たこともあり、焼肉のたれ等のソース類やコロッケ・豚まんといった冷凍食品、伝統的な製法で作る牛肉のつくだ煮、冷凍の食肉などの加工食品にも事業を広げました。当初は神戸市兵庫区の自宅横の小さな工場で作っていたのですが次第に軌道にのり、独立させて明治食品、現在の株式会社メイショクを創業し、加古川市に工場をつくりました。
創業者は常に「素材に勝る味付けはない」と言い、60年間一貫して、素材そのものである精肉はもちろん、加工品でも同じように素材にこだわりを持ち続けています。

創業以来のこだわりを大切に

住吉に本部を置く灘神戸生協様が、大阪・神戸のベッドタウンが西や北へと拡大していくのに伴ってエリアを広げていくにあたり、住吉の拠点だけではカバーしきれなくなっていました。当時からメイショクは加古川に工場を置いており、ご縁があって生協様にお肉のパック商品を供給させていただくことになり、お取り引きが始まりました。それ以来、現在に至るまで、兵庫県の西方面のエリアの店舗を中心に製品を供給させていただいています。皆さんがよく目にされる商品では、店頭に並ぶ牛肉や豚肉、鶏肉のパックのほかに、中華まんじゅうなどがあります。
製品の数が増加するに伴って加古川工場の規模も次第に拡大してきましたが、素材の吟味を大切にという創業者のこだわりを継承する努力を怠らないよう努めています。品質管理に関しては、2002年にISO認証取得、現在は食肉加工品(精肉パック製品)及び調理冷凍食品(未加熱冷凍食品を含む包餡製品)のISO9001/2008年版の認証を受け、HACCP(ハサップ)方式を取り入れた管理を行っています。

伝統技術の復活と継承
リーズナブルなランチも提供

メイショクは1990年、世界ハムコンテストに初出品して最高名誉賞を受賞しました。それ以来、クリスタルトロフィー3個、金賞28個、銀賞25個、銅賞14個受賞という実績を持っています。震災後は本業に専念しようとハムソーセージ事業は中断している状況です。しかし、せっかく持っている技術ですから、現在は神戸牛や黒毛和牛のコンビーフを、当時の技術を使って復活させています。
また、黒毛和牛佃煮は創業者が東京で修業時代に得た技術で、厳選した和牛の赤身だけを使って製造しています。これからも看板商品として作り続けていくつもりです。
神戸菊水は「すてーき屋」と「肉の割烹」という2つの直営レストランを持っています。「肉の割烹」のランチでは、神戸牛の中でも、ヒレやロース以外の部位を使いリーズナブルに召し上がっていただけるハンバーグやすき焼き膳、牛肉重などを提供し好評をいただいています。これはリーマンショックで冷え込んだ神戸のまちを少しでも元気にできたらという思いで始めたものですが、ちょっとリーズナブルにし過ぎたかと反省しているところです(笑)。一時は減少傾向にあった海外からのお客様も、ここのところの円安の影響もあり少しずつ戻って来ている様子で、嬉しく思っているところです。

神戸ビーフは最高!
でも日本中、世界中に美味しいお肉は色々ある

神戸菊水には目利きの仕入れ担当者がいます。神戸の市場で一頭買いをして、神戸牛や黒毛和牛として販売しています。但馬牛の中でも一定ランク以上の牛が神戸牛で、ブランド牛として販売しています。もちろん神戸牛は最高級ですが、最近は日本中どこでも質の高い牛が飼育されていますので、神戸菊水で販売している黒毛和牛はお客様に十分満足いただける品質のものばかりだと自信を持っております。
今後は海外からも今まで以上に牛肉が入ってくるかも知れません。安さばかりが注目されていますが、例えばアメリカ産の牛肉でも、熟成させた高品質な赤身肉もそれなりにとても美味しいものです。日本でそういったステーキが食べられるようになるのも、また良いことではないかと思っています。場面によってお肉も色々食べ分けができる時代になるでしょうね。

作って売るまで一貫した体制づくりを

神戸菊水は自社牧場を持っているというわけではありませんが、慎重に吟味した牛を一頭買いしています。この一頭の牛を使わせていただくことでビジネスが成り立っていると感謝し、無駄なくお肉を使わせていただきたいと思っています。
メイショクは、表に出ない存在ですが、今後は和牛を使った加工品など付加価値の高い商品を作り、自社ブランドとして一つの柱にしていきたいと考えています。そのために、神戸菊水とメイショクという2つの会社の繋がりを太くして、モノづくりから売るところまで一貫してできる体制を実現したいと思っています。

昭和28年、湊川市場で創業

昭和28年、湊川市場で創業

牛肉や豚肉、鶏肉のパックのほかに、中華まんじゅうなどの加工食品にも事業を広げる㈱メイショク加古川工場

牛肉や豚肉、鶏肉のパックのほかに、中華まんじゅうなどの加工食品にも事業を広げる㈱メイショク加古川工場

神戸牛や黒毛和牛を使用したコンビーフを復活させた。メイショクの人気商品でもある

神戸牛や黒毛和牛を使用したコンビーフを復活させた。メイショクの人気商品でもある

メイショクは1990年、世界ハムコンテストに初出品して最高名誉賞を受賞。それ以来、クリスタルトロフィー3個、金賞28個、銀賞25個、銅賞14個受賞という輝かしい実績をもつ

メイショクは1990年、世界ハムコンテストに初出品して最高名誉賞を受賞。それ以来、クリスタルトロフィー3個、金賞28個、銀賞25個、銅賞14個受賞という輝かしい実績をもつ

神戸菊水では、神戸牛をはじめ品質の高い黒毛和牛を取り扱う

神戸菊水では、神戸牛をはじめ品質の高い黒毛和牛を取り扱う

北野坂に面する「神戸菊水」。1階では神戸牛や黒毛和牛、佃煮などがならぶ。1階は精肉店、2階は「すてーき屋」、4階はお座敷の「肉の割烹」という2つの直営レストランをもつ。「肉の割烹」のランチでは、神戸牛のハンバーグやすき焼き膳、牛肉重などをリーズナブルな価格で提供、好評を得ている

北野坂に面する「神戸菊水」。1階では神戸牛や黒毛和牛、佃煮などがならぶ。1階は精肉店、2階は「すてーき屋」、4階はお座敷の「肉の割烹」という2つの直営レストランをもつ。「肉の割烹」のランチでは、神戸牛のハンバーグやすき焼き膳、牛肉重などをリーズナブルな価格で提供、好評を得ている

20131203001

梅田 稔(うめだ みのる)

1963年、神戸生まれ。大学卒業後、当時技術提携先のカナダバンクーバーのフライベソーセージ社で食肉加工を学ぶ。2001年、株式会社メイショク代表取締役に就任。2005年、神戸菊水株式会社代表取締役に就任し、現在に至る。

 

20131203303

神戸菊水

神戸市中央区北長狭通1-20-13
キングストンビル

■すてーき屋(2F)
TEL.078-392-0048
営業時間
ランチタイム11:30~14:30
ディナータイム17:00~22:00
(LO21:00)
日・祝11:30~21:30(LO20:30)
※ランチタイムは~14:30
定休日 第3火曜日

■肉の割烹(4F)
TEL.078-392-3810
営業時間
ランチタイム11:30~14:30
ディナータイム17:00~22:00
(LO21:00)
日・祝11:30~21:30(LO20:30)
※ランチタイムは~14:30
定休日 第3火曜日


ページのトップへ

目次 2013年12月号