社長室は、まるでデザイナーのデスクのよう

クリエイティブに生きる

金指 光司(株式会社ポトマック 代表取締役)

ユネスコのデザイン都市認定を機に、クリエイティブをキーワードに新たなムーブメントを創りだそうという思いで、神戸のキーマンたちが集まって結成されたクリエイティブヴィレッジ。ここでの出逢いから大きな刺激を受けたと言う株式会社ポトマックの金指光司社長。オフィスはまさにクリエイティブな発想の源でもある。

白のオフィスはクリエイティブ 先輩社長と語らう午後

株式会社フェリシモ

「この事務所には垣根がない。これこそクリエイティブ。ここに来たかった」
そう言って金指さんが最初に訪れる場所として選んだのは、旧居留地朝日ビルディングにあるフェリシモ本社オフィス。ここでクリエイティブヴィレッジ設立メンバーでもある矢崎和彦社長と会う。壁から天井、床まで白で統一された開放的な空間にはたくさんのデスクが並び、まるで大学のキャンパスのような自由な雰囲気の中では、至るところで小さな会議が行われている。クリエイティブヴィレッジの打ち合わせがこのオフィスに集まって行われることもある。
矢崎社長は自由に様々な会議の輪に入って行く。来年50周年を迎えるフェリシモでは50にちなんだ様々な企画が進行している。「パッションのない仕事はしたくない」と語る矢崎社長の仕事に対する思いは、「人を楽しませることを楽しもう」という金指社長の理念と近い。先輩としての矢崎社長の独創性と事業性は、これから金指さんが目指して行きたいところ。

フェリシモの矢崎和彦社長

フェリシモの矢崎和彦社長

自由な発想から生み出された500色の色鉛筆

自由な発想から生み出された500色の色鉛筆

白を基調にした打ち合わせスペース。白=ゼロからの発想に重点を置いている

白を基調にした打ち合わせスペース。白=ゼロからの発想に重点を置いている

20140401704

■株式会社フェリシモ

神戸市中央区浪花町59
http://www.felissimo.co.jp

 

神戸ならではの港のオフィス 女性だからこそ生まれる発想

株式会社ルリコプランニング

次に訪れたのは海運倉庫のワンフロアをリノベーションしてオフィスにしているルリコプランニング。待っていたのは金指さんが「クリエイティブヴィレッジの華」と評する星加ルリコ社長。海まで1分の、シンプルかつ神戸らしい空間だ。「ルリコさんの仕事は愛に満ちている。デザインもこのオフィスも正にルリコワールドだ!」と、金指さん。
建築やデザイン系事務所とシェアし、打ち合わせ室にはDJブースがあり、皆で料理ができる大きなキッチンもある。「神戸にはこういう場所があるのが魅力。オフィスビルで仕事するのは少しもったいないと思う」と星加社長は言う。神戸出身ながら東京で大学と社会人時代を過ごし、震災を経験しなかったからこそ、「神戸のためになる仕事をしたい」とルリコプランニングを設立した。「ルリコさんの話は母性に溢れている。男のロマンは自己愛。そこに差があるからこそ面白い」と言う金指さんにとって、ここは愛と刺激に満ちた場所だ。

古い倉庫を再利用した星加さんのオフィス

古い倉庫を再利用した星加さんのオフィス

20140401802

 

20140401803

 

「星加さんはクリエイティブヴィレッジの華」と評する

「星加さんはクリエイティブヴィレッジの華」と評する

倉庫を再利用することで、広がりのある空間づくりが可能になる

倉庫を再利用することで、広がりのある空間づくりが可能になる

20140401903

■株式会社ルリコプランニング

神戸市中央区波止場町6-8
篠崎倉庫2F-E
http://www.rurikoplan.com

 

フィッシュダンスのお膝元 自由な発想はここで生まれる

株式会社ポトマック

関西と東京を中心に、独特の感性と個性を感じさせる飲食店65店鋪を展開している株式会社ポトマック。神戸の人なら誰もが知っているTOOTH TOOTHの企画はもちろん、様々なアイデア、メニュー開発、店舗運営の中枢が、メリケンパークのランドマーク・カフェフィッシュの一画にあるこのオフィスであり、金指さんのアイデアが具現化される発信源となっている。事業プロモーション、経理総務、デザイン、設計施工、商品開発などセクションごとに分れたフロアが入り組んで分れており、その中心にあるのが金指さんのデスク。「この蟻の巣みたいな感じが特に気に入っている」と言う。フェリシモと同じ神戸朝日ビルディングからラフレア4Fのオフィスを経て、いまのオフィスに全ての本社機能が移されたのは二〇〇二年のこと。自由さでは誰にも負けない金指社長の元で働くスタッフの方々からは、自由でクリエイティブな空間の中で「楽しませるを楽しむ」ワークスタイルが伝わってくる。

フィッシュダンスホールの外観からは想像できないが、内部はまるで蟻の巣のよう

フィッシュダンスホールの外観からは想像できないが、内部はまるで蟻の巣のよう

オフィスの至る所に遊び心を取り入れた小物や雑貨が目をひく

オフィスの至る所に遊び心を取り入れた小物や雑貨が目をひく

全国65店舗を展開するポトマックのヘッドオフィスはメリケンパーク内にある

全国65店舗を展開するポトマックのヘッドオフィスはメリケンパーク内にある

喧騒から離れ、社長室で寛ぐ金指社長。ゆったりした時間がクリエイティブな発想を生み出す

喧騒から離れ、社長室で寛ぐ金指社長。ゆったりした時間がクリエイティブな発想を生み出す

20140402103

■株式会社ポトマック

神戸市中央区波止場町2-8
http://www.potomak.co.jp

 

仕事のベースはクリエイティブ 本物の遊びがある空間

株式会社ファミリア

金指さんのオフィスめぐりで最後に選んだのは、「最初にここに来たとき、なんて素敵な事務所なんだと思った」と言う、ファミリアの岡崎忠彦社長のオフィス。訪れるなりおもむろに二人でやりはじめたのは、オフィス内に置いてあるエレキギターの爆音演奏。「社長に就任する時に、金指社長からオフィスにはエレキギターを置くものだと言われたんです(笑)」と笑う岡崎社長と金指さんの出逢いもクリエイティブヴィレッジ。最初から波長が合ったとお互いが認め合える仲。岡崎社長のオフィスには楽器だけではなく、おもちゃからアート作品まで、とにかく様々な物に溢れており、その全てがデザインアイデアや新しい発想の素となり、コミュニケーションツールになると言う。そしてそのどれもが「本物」であることが素晴らしいと金指さんは言う。ライフスタイル、ワークスタイルそのものでクリエイティブを体現している金指さんと岡崎社長。これからの神戸のキーマンになることは間違いない。

世界各地で見つけた雑貨や小物を収集。これらがファミリアの商品開発のアイディアに欠かせない

世界各地で見つけた雑貨や小物を収集。これらがファミリアの商品開発のアイディアに欠かせない

岡崎社長自作の絵画。筆の赴くままに作品を仕上げる

岡崎社長自作の絵画。筆の赴くままに作品を仕上げる

思いついたらすぐにラフを描きあげ、商品作りに役立てる

思いついたらすぐにラフを描きあげ、商品作りに役立てる

20140402302

 

仕事、音楽、青春時代、生き方…話は尽きない…

仕事、音楽、青春時代、生き方…話は尽きない…

ファミリアの社長に就任したとき、金指さんから贈られたLPレコードのパロディ版

ファミリアの社長に就任したとき、金指さんから贈られたLPレコードのパロディ版

20140402304

■株式会社ファミリア

神戸市中央区相生町1-1-21
http://www.familiar.co.jp

 

20140401602

金指 光司(かなさし こうじ)

株式会社ポトマック 代表取締役
1963年 神戸市出身。86年、神戸・元町のトアウエストに「ランチョンバー トゥーストゥース」を創業。人々の欲求と好奇心をくすぐる感覚で、時代の半歩先を見据え、一つのブランドに固執せず、多彩なカフェ・レストランブランドを誕生させた。神戸・大阪・首都圏に65店舗を構える


ページのトップへ

目次 2014年4月号