KOBECCO催しもの情報

[cinema]市民映画劇場4月例会「天使の分け前」

神戸朝日ホール

スコッチウイスキーの故郷・スコットランドを舞台にした『天使の分け前』(2012年カンヌ国際映画祭審査員賞)は、痛快にして心温まるハートフル・コメディ。日々を懸命に生きるすべての人に幸せあれ、と願いを込めて、名匠ケン・ローチ監督が贈る。19日にはケルト文化に魅せられた作家の武部好伸さんの講演会も。
5月例会は岩波ホール上映作品『セラフィーヌの庭』(5月16日、17日)。

■日時 4月18日(金)①11:00②13:30③16:00④19:00
    4月19日(土)①11:00②13:10 講演15:10 
           ③16:30④18:30
■料金 一般1,500円(前売1,300円)
    シニア・障がい者・大学生以下1,100円
■場所 神戸朝日ホール(大丸神戸店より東へ50m)
■お問い合わせ
    神戸映画サークル協議会 TEL.078-371-8550
    http://www.kobe-eisa.com/

[art]夢見るフランス絵画 印象派からエコール・ド・パリへ

兵庫県立美術館

ある収集家によるフランス近代絵画のコレクションから名品71点を紹介。
モネ、セザンヌ、シスレー、そしてルノワールといった印象派の画家、モディリアーニ、キスリング、藤田嗣治などエコール・ド・パリの画家たち、ヴラマンク、ユトリロ、ルオー、シャガールなどのコレクションには、今なおわたしたちがフランスに抱く夢と憧れがつまっている。

■会期 4月12日(土)~6月1日(日)
■時間 10:00~18:00(金・土曜は20:00まで)
    ※入場は各30分前まで
■料金 一般1,300円 大学生900円 高校生・65歳以上650円
    中学生以下無料
■交通 阪神「岩屋(兵庫県立美術館前)」徒歩約8分
■お問い合わせ 兵庫県立美術館 TEL.078-262-0901

アメデオ・モディリアーニ  《バラをつけた若い婦人》 1916年

アメデオ・モディリアーニ 
《バラをつけた若い婦人》
1916年

ピエール=オーギュスト・ルノワール  《ド・ガレア夫人の肖像》 1912年

ピエール=オーギュスト・ルノワール 
《ド・ガレア夫人の肖像》 1912年

[art]ノアの方舟―蒐集(コレクション)による作品たち

兵庫県立美術館

収蔵品によるテーマ展、館外作品を中信とした小企画展を開催する「県美プレミアム」。今回はものを集めるという人間の行為に着目する。神が引き起こした大洪水に際し、地上のあらゆる動物のつがいを巨大な船に集めた「ノアの方舟」の物語を、ものを体系的に蒐集するという意味に捉え、ものやイメージを集めることがその要素として重要と思われる作品、あるいは個人蒐集家によるコレクションをとりあげる。

■会期 3月22日(土)~7月6日(日)
■時間 10:00~18:00(金・土曜は20:00まで)
    ※入場は各30分前まで
■料金 一般500円 大学生400円 高校生250円
    中学生以下無料
■交通 阪神「岩屋(兵庫県立美術館前)」徒歩約8分
■お問い合わせ 兵庫県立美術館 TEL.078-262-0901
 ※4月1日以降、料金改定の場合があります。詳しくはHP等で。

[art]ねこのダヤンと不思議の国 池田あきこ原画展

大丸ミュージアム<神戸>

池田あきこさんが作りだした不思議の国「わちふぃーるど」で、ねこのダヤンと仲間たちが繰り広げる物語は、1983年の誕生以来たくさんのファンに愛されています。
多様な動物たちの暮らすボルネオの森の保全活動に協力し、2014年春には初のテレビアニメーション放送予定など、30年という時間を超えてますます広がり続けるダヤンの世界。ダヤン誕生30年を記念した本展では、これまでの代表作をはじめ、本展描き下ろし作品3点を含む約180点を一堂に展示し、「わちふぃーるど」とダヤンの魅力をたっぷりとお届けします。

■開催 2014年4月9日(水)~4月21日(月)会期中無休
■時間 10:00~20:00(最終日は17:00閉場)
    ※入場は閉場の30分前まで
■料金 一般800円 大高生600円
    いずれも税込み 中学生以下無料
■会場 神戸大丸9F 大丸ミュージアム<神戸>
■交通 JR元町駅・阪神元町駅より南へ徒歩3分/
地下鉄海岸線 旧居留地・大丸前駅よりすぐ
■お問い合わせ TEL.072-684-8025


池田あきこさん
ギャラリートークショー・サイン会(ミュージアム会場前)
4月12日(土)/13日(日)/19日(土)
※13日(日)はサイン会のみ
詳細はHPをご覧下さい。 http://www.daimaru.co.jp/museum/


ページのトップへ

目次 2014年4月号