KOBE初夏のおでかけ情報(2)国指定重要文化財 旧トーマス邸 風見鶏の館

明治開港後、多くの外国人たちが神戸に移り住んだ北野地区。数多く残されている異人館の中でももっとも有名なのが「風見鶏の館」。館内からは神戸市街地と港を一望することができる高台に建っている。
ドイツ人貿易商ゴッドフリート・トーマス氏が自邸として建てた建物は、れんが造りの外壁が特徴で、尖塔の上に立つ風見鶏は、北野町の象徴として欠かせない存在に。室内の意匠は、ドイツ伝統様式を取
り入れながら、アール・ヌーヴォー)の動きを感じさせる装飾が見られる。食堂の中世城館風の天井小梁、飾り戸棚、暖炉飾りなど見ごたえのある意匠。

20140503203

国指定重要文化財 旧トーマス邸
風見鶏の館

TEL.078-242-3223
■開館時間/9:00〜18:00
■休館日/6、2月の第1火曜日(定休日が祝日の場合、翌日休)
■料金/大人 500円 高校生以下無料
※2館券(風見鶏の館・萌黄の館) 650円
※65歳以上の神戸市民(神戸市老人福祉手帳を持参の方) 無料
 身体障害者手帳を持参の方(介護の方1名共) 無料
■アクセス/JR・阪急・阪神・地下鉄「三宮」駅北へ徒歩15分
シティーループバスにて「北野異人館」下車徒歩5分
新幹線・地下鉄「新神戸」駅より、西へ徒歩15分


ページのトップへ

目次 2014年5月号