KO²Aビル

三宮ターミナルから数 分磯上公園近く

KO2Aビルは、国道2号線と浜手幹線の間にあり、阪神・阪急・JR・市営地下鉄・ポートライナーの三宮ターミナルからわずか数分。
阪神高速道路生田川ランプにも近く、恰好の位置にあります。
ビルの隣にある併設の立体駐車場は、優先的に契約可能です。

20140605402

KO2Aビル

神戸市中央区磯上通4-3-16
◆アクセス 阪神「神戸三宮」、JR「三ノ宮」駅より徒歩約5分

《テナント募集》
神戸市中央区磯上通4丁目3-16
■入居お問い合わせ
 オルタンシアインンターナショナル株式会社
 TEL.078-333-8585

岡本陽建築研究所

三宮中央通りの新しいランドマークとして誕生したケーニヒスクローネホテルをはじめ、ケーニヒスクローネ Real Princesa Ricardina 磯上邸など各店舗の設計を手がけた岡本さん。医療福祉施設や集合住宅など近代風の建築設計を担当してきたが、店舗のデザインにおいては、スイス留学の経験から、家を昼も夜も美しく見せるヨーロッパの家々の暖かい雰囲気を思い出し設計したといいます。
最新作の、昨年12月にオープンしたこのホテルは、証券会社や銀行が立ち並ぶ一角にあります。それまでは、夜には一帯が暗くなってしまうため、「夜も明るい三宮中央通りにしたい」というケーニヒスクローネ側の、まちづくりへの熱意が強くありました。「ケーキ屋さんのホテルということで、ザッハトルテが有名なウィーンのホテル・ザッハーなどをイメージして、ヨーロッパの街のホテルの雰囲気を楽しんでいただきたいと思いました」と岡本さん。
設計にあたっては、クライアントと、日々のおつきあいや、何気ないお話の中のひとつひとつが、建物の雰囲気・デザインにつながっているそうです。

岡本さんが設計を手がけたケーニヒスクローネホテル

岡本さんが設計を手がけたケーニヒスクローネホテル

ケーニヒスクローネ ダンケ店の設計図

ケーニヒスクローネ ダンケ店の設計図

20140605503

岡本 陽(おかもと よう)さん

1948年神戸市に生まれ。京都大学工学部建築学科、博士課程修了。スイス・チューリヒ工科大学留学。京大在籍中は、京大記念体育館・鳴門市木津保育所・清水市有度第二小学校などの設計に関わり、1977年岡本陽建築研究所設立。1982年共同設計集団 ATELIER ARCH(アトリエ・アーク)結成。ケーニヒスクローネダンケ店(2003)・同ポートアイランド工場(2007)のほか、青谷ガーデンズ(1984)、デュポーム神戸テニス倶楽部(1995)信愛学園乳児院(1991)その他、医療福祉施設、個人宅等を手がける。

■岡本陽建築研究所

神戸市中央区磯上通り4丁目3-16
KO2Aビル301
TEL.078-231-1707


ページのトップへ

目次 2014年6月号