帆立貝の甘さと、野菜のコクのある味付けが絶妙「帆立貝と春雨のガーリック蒸し」

神戸っ子グルメ 新鮮な野菜と魚介がたっぷりの広東料理

群愛飯店本店

広東料理に多い調理方法のひとつに「蒸す」がある。魚介などの素材を蒸し、持ち味をいかした味付けが特長。「蒸し物というのは、素材が新鮮で良い状態でなくては美味しくない。素材の鮮度が問われる調理方法なんですよ」と店長の施文雄さん。
おすすめの蒸し物は「帆立貝と春雨のガーリック蒸し」(1800円)。甘く肉厚の帆立貝と、ナス、チンゲン菜を蒸し上げている。ナスは揚げてしっかり味付けをしてから蒸し器に入れるのだとか。店先に生け簀があり、オマール海老や季節の魚が泳ぐ群愛飯店本店では、新鮮な旬の魚や貝類と、季節の野菜を使ったお料理が人気。魚介は市場から、野菜は広島で中国野菜専門に栽培している農家から仕入れている。夏場には自家製の中華ダレで食べる岩ガキが登場。名物のフカヒレは上湯スープの姿煮込みやお刺身も。
熱いせいろに5種類の美しい点心が並ぶ「飲茶点心の盛り合わせ」(1800円)は、大丸店に在籍する点心専門のシェフ・点心師がひとつずつ手作りしたもの。プリプリのエビの食感がたまらない。他にも、糖度の高い「栗マロン」を使ったプリン(500円)も人気。「栗マロン」は栽培が難しく、農家が丹精をこめて作りあげる高級かぼちゃ。北海道から仕入れたそれを惜しげもなく使ったプリンは、シェフ渾身のスイーツだ。
ランチはお得な900円~。アラカルトは多数あるほか、コース料理や、ご法宴コースも用意。夏期限定の冷麺も人気

(左上から)飲茶点心の盛り合わせ、帆立貝と春雨のガーリック蒸し、栗マロンプリン

(左上から)飲茶点心の盛り合わせ、帆立貝と春雨のガーリック蒸し、栗マロンプリン

群愛グループ総料理長で本店オーナーシェフの施蓮華さん(左から2人目)、店長の施文雄さん(3人目)を囲んでスタッフの皆さん

群愛グループ総料理長で本店オーナーシェフの施蓮華さん(左から2人目)、店長の施文雄さん(3人目)を囲んでスタッフの皆さん

1階席のほか2階席は最大90名までの宴会が可能

1階席のほか2階席は最大90名までの宴会が可能

20140709904

■群愛飯店本店

TEL.078-332-5203
神戸市中央区中山手通3-4-6
平日11:30~15:00(ランチ11:30~14:00)
  17:00~21:30(L.O.20:30)
土・日・祝 11:30~21:30(20:30ラストオーダー)
     ※11:30~14:00はランチタイム
定休日 毎月 第1、第3木曜日
http://www.gunai.com
※表記の価格はすべて税別です


ページのトップへ

目次 2014年7月号