母から娘へ受け継がれている手織り技術

イランのうつくしい手織り絨毯を神戸で

ギャッベ大展示販売会 10月18日(土)~11月9日(日)

「上質なものを選び、愛着を持って永く使う」をコンセプトにした株式会社ガゼボでは、イランの「遊牧民手織り絨毯ギャッベ」をはじめ、選りすぐりのインテリア製品を扱っています。
このたび、イランで直接買い付けた「ギャッベ」の大展示販売会を開催します。
「ギャッベ」とは、南ペルシャのザクロス山脈のふもとで、古来5千年前から遊牧民が手織りしてきたラグマット(絨毯)。ヒツジの毛を天然色素で染め上げた毛糸で、大自然の風景や伝統的な文様を織り込みます。2010年には、世界無形遺産に登録されました。ヨーロッパ諸国をはじめ、全世界で人気を集めているギャッベは、類似品も多数出回っていますが、ガゼボでは最上質のギャッベを世界に発信し続けるゾランヴァリ社とのみ取引しています。ゾランヴァリ社のギャッベは、しなやかで油分が多く防虫効果も高い春先のヒツジの毛だけを使い、また天然石鹸と水によって徹底的に洗い込んでいるので、やわらかく丈夫です。手ざわりが良く、お手入れも簡単で、掃除機を軽くかけるだけ。草木染めは50年、100年たっても色あせないといわれ、天然のウールなのでハウスダストの原因にもなりません。
展示販売期間中、10月23日~28日にはイランから来日したカシュガイ族の織り子さんによる実演も行います。この期間中だけの特別価格で、最上質のギャッベを多数ご用意します。

独特の色合いと大胆なアート感覚にあふれたギャッベ

独特の色合いと大胆なアート感覚にあふれたギャッベ

「自信を持っておすすめできるじゅうたん」とスタッフの皆さん

「自信を持っておすすめできるじゅうたん」とスタッフの皆さん

細やかな織り柄の美しい風景

細やかな織り柄の美しい風景

雄大な夕日に輝くザクロ

雄大な夕日に輝くザクロ

冬を越した春先の羊毛からしなやかなじゅうたんができる

冬を越した春先の羊毛からしなやかなじゅうたんができる

ゾランヴァリ社の前で

ゾランヴァリ社の前で

茜の根、ざくろの皮など天然素材で染める

茜の根、ざくろの皮など天然素材で染める

ギャッベの買い付け風景

ギャッベの買い付け風景

20141006908

 

20141006909

 

20141006910

<ギャッベ 大展示販売会>

■期間 10月18日(土)~11月9日(日)
■場所 ガゼボショップ特設会場
神戸市中央区海岸通3-2-16
商船三井興産ビル
(地下鉄「みなと元町」駅
東口より徒歩約2分)
フリーダイヤル 0120-071-043
http://www.gazebo.co.jp


ページのトップへ

目次 2014年10月号