KOBEアスリートドリーム! 子どもたちの未来へのメッセージ32

「ケアを怠らないこと!」

李 潤煥さん 整形外科医

子どものスポーツ人口が増えていますが、怪我も昔に比べると多くなっています。一日三度の偏りがない食生活と良い指導者、そしてオーバートレーニングにならないようにしなければいけません。子どものスポーツ障害は、どうしても高いレベルでやろうとするので、痛みが出たり成長するところに問題が起きたりします。
個々の体格とか成長する度合いが違いますから、たとえばシューズのインソールであったり、サポーターであったり予防的にできる処置は取った方がいいです。あとパッとやってパッと終わるのではなく、ストレッチなどのケアを怠らないことが大切ですね。

2011117801

フットサルチームの試合を見守る李先生

フットサルチームの試合を見守る李先生

2011117802

李 潤煥(り・じゅんかん)

り整形外科クリニック医院長
1967年生 東海大学医学部卒業  プロサッカーチーム・湘南(平塚)ベルマーレのチームドクターなどを経験し、現在は女子サッカーのINAC神戸レオネッサや、フットサルチームのデウソン神戸のチームドクターである。

■り整形外科クリニック医院
 神戸市東灘区住吉本町3-4-15
 インターメディックビル1F
 TEL078-822-5055


ページのトップへ

目次 2012年11月号